みやビズ

2018年10月21日(日)
会員企業のお知らせ / ニュース

ストーリー性ある商品作って 百姓隊・谷口社長が講演

2017/03/06
農産物の差別化には、「ストーリー性を押し出すことが大切」と訴える谷口さん

農産物の差別化には、「ストーリー性を押し出すことが大切」と訴える谷口さん

 伝統野菜などを生産する宮崎市の農業生産法人・百姓隊代表の谷口寛俊さん(62)は第24回くにとみ農村女性フォーラム(国富町主催)で、「もうかる農業を目指して」と題して講演した。

 同フォーラムは2月24日に行われた。谷口さんは百姓隊を2006年に法人化した後、インターネット通販事業に参入。単に農産物を販売するだけでなく、生産者を前面に押し出して食の改革を訴える販売戦略や、消費者の注文に素早く応じる発送を意識した。「少子高齢化の中、地産外商が求められている。都会の人ほど商品のストーリー性を求めており、うたい文句を作って差別化することが大切」と訴えた。

【関連記事】
SUNAOと百姓隊最優秀 ビジネスプランコンテスト  2016年12月02日
キーパーソン - 農業生産法人百姓隊社長 谷口寛俊さん 2012年03月19日
就活応援 - 社長への道 百姓隊社長(宮崎市) 谷口寛俊さん(60) 2015年10月05日
わが社のスタイル -【アラカルト編】百姓隊(宮崎市) 2013年06月04日

アクセスランキング

ピックアップ