みやビズ

2018年7月19日(木)
会員企業のお知らせ / ニュース

7億5千万円を黒田工業へ融資 太陽銀と日本公庫

2016/09/14
 宮崎太陽銀行と日本政策金融公庫宮崎支店中小企業事業は12日、プラスチック再生処理などを手掛ける黒田工業(日向市、加藤功司社長)に対し、計7億5千万円を協調融資したと発表した。実施日はいずれも8月30日付。

 黒田工業は、容器包装リサイクル事業での分別処理能力の増強と品質向上を目的に、最新型の光学式選別設備の導入を計画。

 また、農業用フィルム再生事業では泥水処理能力を向上させるため水処理設備の導入を計画しており、資金はこれらの設備投資に充てられる。

 融資額は同行が4億5千万円で、地方創生に関する取り組みを強化するために昨年4月に創設した「みやざきたいよう地方創生ファンド」を活用。同公庫は3億円で、環境対策に取り組む中小企業を対象とした「環境・エネルギー対策資金」を適用した。

アクセスランキング

ピックアップ