みやビズ

2018年1月23日(火)
タニダの法務ルーム

知って得する債権回収(7)~終わりに~

2017/10/26
20171025-admin-image-1508915451.jpg
 前回は「債権回収は、実際にやるとなると莫大(ばくだい)な時間と費用がかかる」ということを説明しました。債権回収シリーズの最終回となる今回は、割に合わない債権回収を避ける方法についてお話しします。

谷田経営法律事務所のホームページはこちら

 読んでいただければ「そんなの当たり前じゃないか」「法律の解説になってないぞ」とやじられそうな内容ですが、10年間弁護士をやってきた上での実感ですので、お付き合いいただけますと幸いです。
※前回の「1、債権回収の負担」の続きとなります。

たにだ・よしと 1979年、兵庫県伊丹市生まれ。京都大卒。宮崎地方裁判所で司法修習を受け、本県で弁護士登録。債権回収や事業再建、労務問題などに企業側の弁護士として対応する。中小企業診断士の資格も持ち、2015年7月、宮崎市橘通東1丁目に谷田経営法律事務所を設立。

2、最善の予防策は?

 債権回収にかかる「費用」「時間」を見ても分かるように、裁判から差し押さえまでこなして無理やり債権を回収する、というのは本当に大変なことなのです。

アクセスランキング

ピックアップ