みやビズ

2017年8月19日(土)
タニダの法務ルーム

知って得する債権回収(1)焦げ付きは自己責任

2017/05/25
 今回から中小企業が実際にぶつかる問題点についてテーマごとに解説します。まずは、売掛金や工事代金をきちんと回収する「債権回収」について、何回かに分けて実践的なお話をしようと思います。

谷田経営法律事務所のホームページはこちら

たにだ・よしと 1979年、兵庫県伊丹市生まれ。京都大卒。宮崎地方裁判所で司法修習を受け、本県で弁護士登録。債権回収や事業再建、労務問題などに企業側の弁護士として対応する。中小企業診断士の資格も持ち、2015年7月、宮崎市橘通東1丁目に谷田経営法律事務所を設立。

たにだ・よしと 1979年、兵庫県伊丹市生まれ。京都大卒。宮崎地方裁判所で司法修習を受け、本県で弁護士登録。債権回収や事業再建、労務問題などに企業側の弁護士として対応する。中小企業診断士の資格も持ち、2015年7月、宮崎市橘通東1丁目に谷田経営法律事務所を設立。

 小売業や飲食業の経営者は「うちは現金商売だから関係ないな」「仕入れで掛け取引をすることはあるけど、回収を意識する必要はないな」と感じるかも知れません。ですが、債務者側に回った場合にも役に立つと思いますので、お付き合いください。

アクセスランキング

ピックアップ