みやビズ

2018年6月22日(金)
タニダの法務ルーム

トラブル発生前の弁護士の探し方

2017/02/23
 前回は「トラブルが発生してから弁護士に駆け込むのは不都合が多い」というお話しをしました。今回は「じゃあ、トラブル発生前にどうやって弁護士を探すのか?」について説明します。テーマの性質上、他の弁護士を評論するような内容になってしまうことはご容赦願います。

谷田経営法律事務所のホームページはこちら

たにだ・よしと 1979年、兵庫県伊丹市生まれ。京都大卒。宮崎地方裁判所で司法修習を受け、本県で弁護士登録。債権回収や事業再建、労務問題などに企業側の弁護士として対応する。中小企業診断士の資格も持ち、2015年7月、宮崎市橘通東1丁目に谷田経営法律事務所を設立。

 最初に私は他の弁護士のことをとやかく言えるほど大層な弁護士ではないことを断っておきます。ただし、10年近く弁護士をやっているとやはり「背中を預けられる弁護士」と「そうでない弁護士」が見えてしまうわけです。そこで、弁護士の探し方・選び方について、他の弁護士を敵に回さない程度にお話しをしたいと考えた次第です。

 さて、「弁護士の探し方」というと、何やら特別なやり方があるんじゃないか、と期待させてしまうかも知れません。「弁護士の実績・得意分野を集約した秘密の弁護士データベースがある」とか「弁護士のHPのここを見れば得意分野や弁護技術が分かる」、「弁護士にこの質問をすれば、返ってきた答えで弁護士の得意分野や実績を見抜ける」などなど。

 ですが、残念ながらここに挙がっているような「弁護士の善しあしを見抜く決定的な材料」は今のところありません。医師の世界では「専門医の認定制度」がありますが、弁護士の世界ではそういった認定制度は存在しませんし。(一時、弁護士会でもそういった「法分野ごとの専門認定制度を作ろう」という議論はあったのですが、いつの間にか立ち消えになりました)

 一応、弁護士会のHPや民間の弁護士ポータルサイトでは、登録弁護士の得意分野などが記載されています。しかし、それらは全て自己申告なので、本当に得意なのかは分かりません。各弁護士のHPもそうですが、各弁護士が自由に得意分野を名乗っているのが実情です。(過払い金ブーム華やかなりし頃は「過払い金返還請求が得意な事務所です!」とPRしていた法律事務所が、ブーム終息後すぐに「交通事故が得意な事務所です!」とPRを差し替えている例も少なからずありました)

 少々話が脇にそれましたが、弁護士の得意分野や能力を見極めるのはとても難しいのです。また、弁護技術とは別の問題として、人間としての相性の問題もあることが、弁護士選びを一層難しくしています。
 
 ただ、中小企業の法務を固めるための弁護士を探すのであれば、ある程度有効なフィルターのかけ方があります。これからお話しするいくつかのフィルターを通して弁護士を絞り込み、その中から馬の合う弁護士を見つければ、法務面の強化は一気にはかどりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 最初のフィルターとして、弁護士会HPや弁護士ポータルサイト、各弁護士のHPを見て「企業法務に力を入れていそうだな」という弁護士何人かに当たりを付けます。
 
 先ほど、これらの情報源については「本当に得意分野なのかは分からない」と言いました。ですが、企業法務に限って言えば、ある程度自己申告が当てになる分野かなと思います。

 と言うのも、(品位を欠く話で恐縮ですが)企業法務は交通事故などと違って、弁護士にとって決して「もうかる分野」ではないからです。トラブルのない段階では、弁護士も費用を請求しづらいので、おおむね弁護士費用は抑えがちになります。

 そんなわけで、企業法務が得意でも好きでもないのに「得意分野」とわざわざうたう弁護士はあまりいない、というわけです。

 さて、この最初のフィルターで何人かの弁護士をピックアップしたら、これらの弁護士が所属する法律事務所に電話でコンタクトを取ってみましょう。

 次回は、コンタクトを取った際の2番目のフィルターや、気に入った弁護士との付き合い方についてお話しをします。



この記事へのご意見・ご質問はこちら

アクセスランキング

ピックアップ