みやビズ

2020年2月17日(月)
共同通信PRワイヤー

リマ・コーポレートが3D印刷研究・イノベーションセンターと試験・分析先端研究所を開設

リマ・コーポレート(Limacorporate S.p.A.)

2020/01/17 09:14

リマ・コーポレートが3D印刷研究・イノベーションセンターと試験・分析先端研究所を開設

AsiaNet 82537(0083)

【ウディネ(イタリア)2020年1月17日PR Newswire=共同通信JBN】リマ・コーポレート(LimaCorporate)は、3D印刷と高度な試験専用の新しい空間である研究・イノベーションセンター(R&Iセンター)と試験・分析先端研究所(ATLAs)の正式開設を発表した。これらの新しいエリアは、イタリア・ウディネのサンダニエレ・デルフリウリにあるリマ・コーポレート本社敷地内にあり、ほぼ1000平方メートルを占める。

R&Iセンターは、3D印刷の専門知識を活用して、新しく革新的な整形外科インプラントソリューションの開発を加速する中核的研究拠点である。あらゆる生産業務の立ち上げ中に収集されたデジタルデータが、研究チームを刺激する貴重なデータとなる。50人超のエンジニアチームが率いるセンターは究極的には、原材料がデジタル世界と出会ってインプラントの完成品に変わり、新しい技術が革新的アイデアに適用され、現状に挑戦することで歴史が作られていく整形外科の未来のホームである。

ATLAsは、新しく革新的な材料、製造プロセス、整形外科ソリューションの実験的検証とシミュレーションの中核で、リマ・コーポレートが内包する機械的、化学的能力の新世界の象徴である。これらの研究所はリマ・コーポレートの「アトラス」であり、市場投入前にインプラントをより適切に評価するための新しい試験方法を開発する同社の革新的かつ先駆的な精神の典型例である。全てが研究所を管理するインダストリー4.0指向のウェブアプリを介して実行されており、活動やデータの流れは完全にデジタル化されている。

R&IセンターとATLAsはいずれも全部署と外科医の間の連携を強化し、新製品開発のあらゆる側面をサポートする。さらに、両施設は整形外科、業界、学界のための新たな好機の象徴であり、科学者、外科医と潜在的なパートナーにとって魅力的な施設への成長を目指している。

▽リマ・コーポレート(LimaCorporate)について
リマ・コーポレートは、患者の生活の質を向上させるという課題に直面している外科医に、再建と特注の整形外科ソリューションを提供するグローバルな医療機器会社である。イタリアに本社を置くリマ・コーポレートは、外科医が個々の患者に理想的なソリューションを選択できるようにする革新的な製品と手術法の開発に取り組んでいる。リマ・コーポレートの取り扱い製品には、大関節の再置換、一次インプラント、固定法を含むあらゆる四肢ソリューションが含まれる。

同社の詳細はlimacorporate.com を参照。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/997351/LimaCorporate_Logo.jpg

ソース:Limacorporate S.p.A.