みやビズ

2019年11月18日(月)
共同通信PRワイヤー

世界規模の英語能力ベンチマーク「EF EPI英語能力指数2019年版」 日本の順位は100か国中53位

イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)

2019/11/08 15:16

世界規模の英語能力ベンチマーク「EF EPI英語能力指数2019年版」 日本の順位は100か国中53位

世界規模の英語能力ベンチマーク「EF EPI英語能力指数2019年版」
日本の順位は100か国中53位、対象国拡大に伴う順位下落が顕著に

AsiaNet 81412


【チューリヒ2019年11月5日PR Newswire】世界110か国以上で海外留学 (https://www.efjapan.co.jp/pg/ryugaku/ )・語学教育事業を展開する国際教育事業のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは本日、世界100か国・地域、230万人の英語テストビッグデータを活用した、英語能力のベンチマーク、「EF EPI英語能力指数2019年版」を公開しました。

EF EPI英語能力指数(EF English Proficiency Index)は、EFが公開・提供する無料のオンライン英語能力測定テストEF SET (www.efset.org/ja/ )の前年度受験データを元に、非英語圏の国と地域(注1)における英語能力を経年的に計測・追跡するためのベンチマークとして毎年発表しているもの。

2019年のランキングでは、オランダが世界ランク1位に返り咲いたほか、5段階の能力レベル最高位の「非常に高い英語能力」の国数は過去最高の14か国に上り、世界全体の英語能力は引き続き上昇傾向にあることが示されました。一方、日本の英語能力指数は前年より0.29ポイント下落の51.51 (前年実績51.80)、順位は100か国中53位(同49位)となり、参加国の拡大にともなう順位下落が顕著な結果となりました。

なお2019年版レポートに合わせて、13~22歳までの全日制学校に通う35万人の学生の英語能力テスト結果を分析した関連レポート「EF EPI-s」も同時に公開されています。

〇 EF EPI 英語能力指数2019年版の主なポイントは以下の通りです:

1. 参加国・地域の拡大にともない日本のランキング下落が顕著に

2. 受験者数は対前年77%アップの230万人、調査対象国・地域は100か国に拡大

3. あらゆる業界で英語に対する需要は高く、職種間の英語能力差は固定化傾向に

4. 学校向けレポート「EF EPI-s」では年齢や学習過程、スキル別の英語習得状況を分析

EF EPI 英語能力指数2019年のランキングおよびレポート全文は、以下のサイトでご覧いただけます。
http://www.efjapan.co.jp/epi/
                                           以上

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1021477/EF_English_Proficiency_Index_2019.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1021478/EF_Education_First_Logo.jpg

(注1)本指標には、受験者数が400人を超える国・地域・都市のデータのみを使用しています。多くの国において受験者数は400人を大きく上回っており、合計100の国と地域が調査対象に含まれています

(日本語リリース:クライアント提供)