みやビズ

2018年11月17日(土)
共同通信PRワイヤー

2018年Media Cooperation Forum on Belt and Roadを海南で開催

海南省人民政府(The People's Government of Hainan Province)

2018/11/08 14:51

2018年Media Cooperation Forum on Belt and Roadを海南で開催

AsiaNet 76140 (2065)

【海口(中国)2018年11月7日新華社=共同通信JBN】中国の海南省ボアオ(博鰲)で先日、2018年Media Cooperation Forum on Belt and Road(「一帯一路」メディア協力フォーラム)が開かれた。90カ国から来た205のメディアと団体および国際機関を代表する256人のゲストがメディア協力のための提携関係を合同で築くことについて考えを出し合い、海南周辺の訪問を通して中国の発展状況についてよりよく知るために集結した。

「Contributions by All and Benefits to All(皆による貢献と皆への恩恵)」というテーマで、人民日報、中国共産党海南省党委員会、海南省人民政府がフォーラムを主催した。主催者として、劉賜貴海南省党委書記が過去30年間の海南省経済区の発展を紹介した。劉氏は、中国的な特徴を持つ海南自由貿易試験区および自由貿易港の建設に参加し、合同で経済・貿易交流を推進し、また、「一帯一路」メディア協力と交流のための重要なプラットフォームを構築するようゲストに促した。

フォーラムの間、海外のメディアゲストは海南省の都市をいくつか訪問した。Notimexのアレハンドロ・ラモス社長は「ここの生態学的環境は非常に良い」と述べた。同氏は瓊海市の沙美村で写真を撮影し、自国へ持ち帰るためこの場所のストーリーと建設体験について更に知りたがった。

チュニジアの週刊誌「Realites」のモハメッド・ザハール社長は、海南が美しい生態学的環境と強力な人道的環境を持つだけでなく、多くの面で世界の先進地域にすでに匹敵する高度なメディカル・ツーリズムのサービス概念も有すると述べた。

アルジェリア出身の作家兼教授、Union of Arab Journalistsアルジェリア支部とWriters, Friends and Allies of Chinaの会員のベンハレド・アブデルクリム氏は、海南への旅を通して中国の文化、効率的農業、経済、都市開発、観光産業を系統的および包括的に理解したと語った。

ソース:The People's Government of Hainan Province