みやビズ

2017年10月17日(火)
共同通信PRワイヤー

Peeplaのモバイル・ライブストリーミング・プラットフォーム発売

Peepla LA Inc

2017/04/21 14:59

Peeplaのモバイル・ライブストリーミング・プラットフォーム発売

AsiaNet 68254 (0584)

【ロサンゼルス2017年4月20日PR Newswire=共同通信JBN】Peeplaの新しいライブストリーミング・プラットフォームが最近発売された。革新的なライブストリーミング・プラットフォームとして、Peeplaのロケーションベースのソーシャルおよびライブストリーミング機能と独自のポジショニングと革新的機能により、このプラットフォームは男性ユーザーの大多数を確実に確保した。

Peeplaは2017年初頭、ニューヨーク市のタイムズスクエアにフィーチャーされ、この新しいプラットフォームに注目が集まった。

Peeplaのライブストリーミング・プラットフォームは1つのライフスタイルであり、それを通じてあなたの体験を世界中のネチズン(ネットユーザー)と共有したり、日本を訪れた海外の中国人と新宿周辺を散策したり、サイクリストたちと美しい風景を楽しんだり、ほかの皆と料理を学んだりすることができる。Peeplaのライブストリーミング機能はまた、ユーザーにとってより面白くかつ便利なものになり、ライブストリームのプロセス全体を個性とバイタリティーで満たす。

ロケーションベースのソーシャル機能により、Peeplaはより再生しやすくなり、Periscope やFacebookのライブとの直接的な競合を避けることができる。ほかのソーシャルメディアによって締め出された結果、Meerkatのライブストリーミングサービスが終了したケースから教訓を学ぶことができるからだ。

今日の競争は、トラフィックだけではなく、技術、才能、マーケティング、コンテンツの面にあるということを注意すべきだ。主要な部分は大手のライブストリーミング・プラットフォームに支配されているものの、Peeplaはそれでも新規参入者として自信を持っている。Peeplaは、ライブストリーミング市場に依然参入の機会が残されていると考えており、コンテンツ指向のライブストリーミング・マトリクスを構築するために努力している。

最も重要なことは、ユーザーのためのさまざまなコンテンツである。ソーシャルメディアに基づくライブストリーミング・プラットフォームは基本的にUGC(ユーザー生成コンテンツ)によって支配されており、生成されたコンテンツは繰り返された退屈なものであることは避けられない。そこにこそPeeplaが活用すべき大きな機会が存在する。Peeplaは、アンカー生成コンテンツに基づくオペレーションを遂行後、PGC(企業生成コンテンツ)を積極的に計画してきた。Peeplaは、ユーザーに対し魅力的なライブストリーミング・コンテンツやより新しい機能を提供し、ユーザーの視聴およびライブストリーミング体験を向上させ、新しいライブストリーミングとソーシャルモデルを構築した。それがネチズンの間でPeeplaを極めて人気の高いものにした。

ライブストリーミングの爆発的な成長は、間違いなく巨大な機会を提供するが、他方、競争の激化は大規模な排除をももたらすことになる。われわれはライブストリーミング業界におけるPeeplaの今後の展開を見守っていくつもりだ。いますぐスマートフォンを取り上げ、アプリをダウンロードしよう。

ソース:Peepla LA Inc