みやビズ

2018年7月16日(月)
就活情報局 教えて先輩

まちづくりの仕事に興味

2017/12/26
20171225-admin_image_1514193019.jpg

質問者:宮崎大地域資源創成学部2年男子(19)

 公務員以外でまちづくりや地域の活性化に関係する仕事に興味があります。地元に貢献できる職業が知りたいです。

回答者:三股町商工会(三股町)/経営指導員/稲尾紗耶加さん(31)


地域活性化へ経営者を支援


お店や企業を巡回し、日常会話から経営の悩みなど聞き取る経営指導員の稲尾紗耶加さん

お店や企業を巡回し、日常会話から経営の悩みなど聞き取る経営指導員の稲尾紗耶加さん

 行政以外にも、まちづくりや地域活性化に携われる仕事はたくさんあります。私は大分大、同大大学院、大原簿記公務員専門学校宮崎校を経て、2013年4月に県商工会連合会に採用されました。大学院を出た後は自治体の行政職を目指して専門学校に通っていましたが、指導担当の職員から教えられた仕事の一つに経営指導員がありました。

 地元での就職を希望し、次に地域と深く関わる仕事がしたいと考えていました。経営指導員について全く知識がなく、経営者をサポートする仕事と聞いて「自分にできるだろうか」と少し不安でしたが、「面白そう」との思いが勝りました。

 連合会は一括採用した経営指導員を県内各地の商工会に派遣。私は16年から三股町商工会に在籍しています。それまでは宮崎市の本部で研修の工程組み立てや補助金事業の事務処理などの仕事を担当していました。実際に会員企業の経営者の方々と仕事をするのは三股町商工会が初めてでした。

 経営指導員の主な仕事は経営者の力になること。資金面はもちろん、税に関することや事業承継などさまざまな経営の悩みの相談窓口となります。専門性の高い案件は専門の士業や関係機関につなぎ、スムーズな解決を探ります。寄り添った支援で最終的に“独り立ち”してもらうのが目標です。

 もう一つの柱が地域振興の活動。地元のさまざまな人と協力して、地域を盛り上げる仕組みやイベントを考えます。最近関わった企画では「三股ブランドアンバサダー制度」があります。

 これは三股町内の企業や地域ブランドを応援してくれる人をアンバサダー(親善大使)として認定。試食会や交流会に参加してもらい、生の声を商品開発や既存商品の磨き上げに反映するほか、個人交流サイト(SNS)で情報発信してもらうことまで盛り込んだプログラムです。すでにこの取り組みから生まれた商品もあり、三股の名前が少しでも広がればいいなと思います。

 やりがいを感じるのは、会員さんに「担当があなたで良かった」と喜んでもらえた時や、自分を頼って事務所を訪ねて来てくれた時。何かあれば「ひとまず商工会に聞いてみよう」と、身近な存在として感じてもらえるのが一番うれしいです。

 経営指導員に求められるのは「人と接するのが好き」ということ。商工会は事務的な仕事が多いと思われることもありますが、コミュニケーション力はあらゆる場面で欠かせません。経営課題を探るために話を聞きますが、心から信頼してもらえないと本音を引き出せません。会員さんを支援することは、ひいてはその人が暮らす地域の活性化につながります。「人のために、地域のために何ができるか」をしっかり考えられる人に目指してほしいですね。

 質問者さんの回答になるか分かりませんが、職種は何であれ、その土地で働くこと自体が地域活性化に寄与すると思います。自分らしい道を模索して頑張ってください。

アクセスランキング

ピックアップ