みやビズ

2018年4月23日(月)
就活情報局 教えて先輩

文系で「地図に残る仕事」。活躍のフィールドは?

2017/06/27

質問者:宮崎産業経営大法学部2年男子(20)

 「地図に残る仕事」として建設業に興味を持っています。文系でも活躍できる職種はあるのでしょうか。

回答者:吉原建設(都城市)/福岡支店 営業部/平原稜太さん(24)

※吉のつくりは「士」が「土」

目に見える成果にやりがい


吉原建設の福岡支店営業部で働く平原稜太さん

吉原建設の福岡支店営業部で働く平原稜太さん

 吉原建設は都城市に本店がある総合建設業の会社です。個人住宅からマンション、道路やトンネルなどの公共工事まで幅広く手掛けており、文系の人も営業や総務などで活躍できます。私自身も文系出身で、大学では地理学を専攻していました。3年前に新卒で入社、都城本店で2年間営業職として務めた後、今年2月から福岡支店に在籍しています。

 入社理由は質問者さんと似たような点があります。吉原建設の実績には、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎など県内のランドマークになっているものが多くあり、仕事の成果が目に見える形で残ることに魅力を感じました。会社の対応が、面接からその後のフォローまで親身で手厚かったのも後押しになりました。

 福岡支店には約30人のスタッフがおり、営業は管理職を含めて6人。日課を紹介すると、社内外の清掃に始まり、ラジオ体操や朝礼を終えた後、各自が得意先や見込み客への営業に出掛けます。夕方まで外回りをして、帰社後に事務仕事などを片付ける、といった流れです。業務に役立つ知識を増やし、資格取得につなげようと不動産に関する法律の勉強なども合間にしています。

 私の担当は店舗や工場、病院などの一般建築物と呼ばれるジャンルで、法人営業が主になります。なかなか飛び込みで実績を挙げられる仕事ではありませんので、不動産業者や銀行、取引先から紹介してもらうなどしてアポイントを取るきっかけにつなげています。

 営業で大切なのは人間関係の構築。信頼感を醸成するには、コミュニケーション力が必要だと痛感しています。それも単純に自分のことを話すより、相手に寄り添って話を聞くことのできる力です。また、相手のプロフィールをよく知り、共通の話題ができるよう情報収集も欠かせません。例えば、新聞に先方の出身大学に関する記事が出ていれば、切り取って持っていくなど、少しでも相手との距離感を縮められるよう心掛けています。

 これまでは議事録の作成や打ち合わせの資料準備など上司のサポート役に徹することが多く、自分がゼロから手掛けたと胸を張れる案件はまだありません。それでも何らかの形で関わった物件を見ると、仕事のやりがいを改めて感じ、うれしさでいっぱいになります。質問者さんにもぜひ味わってほしい魅力ですね。

 技術者ではない私は、実際のものづくりができるわけではありません。営業職として、しっかりと数字を取れる人間にならないといけません。着実に仕事を手掛けていき、会社にとって不可欠な人材となれるよう努力したいと思います。

 時間の余裕がある学生時代に旅行や資格の勉強など色んな経験を積んでおけばよかった、と思うことがしばしばあります。どんな経験であれ人間としての幅が広がり、成長につながると思うからです。学生の方には色んなことにチャレンジして、自分の可能性を模索してほしいですね。

アクセスランキング

ピックアップ