みやビズ

2018年7月20日(金)
  • ホーム
  • 就活応援
  • 木村つづくの人生指南 「飽き性だけど、ぴったりの仕事見つけたい」
就活応援

木村つづくの人生指南 「飽き性だけど、ぴったりの仕事見つけたい」

2017/11/27
 私は飽き性で、興味を持って行動しても時間がたつとすぐ興味が薄れてしまい、結局したいことが分からなくなります。どうすればぴったりの仕事が見つけられますか?〈大学生・いももちさん(23歳・女性)〉

生き生きできるところで思いっ切り働いてみよう

 ぴったりの仕事ってなんでしょうね。僕は「やりがいを感じる日々が続く仕事」じゃないかなと思います。

 結論から言うと、ぴったりの仕事は世の中にたくさんあると思います! その仕事に従事するチャンスがあるかどうか、自らそのチャンスをつくる、求めるかどうかが仕事人生の分かれ目です。

 いももちさんは、興味あることに対して、まずは行動するタイプです。それはとてもいいことだと思います。飽きっぽいというのは、自分が満足しなかったり、刺激が足りなかったりしたからかもしれません。僕も飽き性で、いろんなことをかじってきたタイプです。だから、職人さんのようにある分野を極めてプロになる方に憧れを抱きます。ただ、僕自身、性格が職人気質じゃないんだと思います。いももちさんや僕みたいなタイプは、飽き性を生かして生きていけないでしょうか。

 営業職、制作職、販売職、介護職、企画職など世の中にはたくさんの職種があります。世の中に楽な仕事はないと思います。嫌だから転職するのはナンセンスですが、その時期その時期で、自分が生き生きとできるところで思いっ切り働いてみてはいかがでしょうか。そうすることではじめてやりがいを感じて、「これが私の天職だ!」と思える時が来るかもしれません。どの仕事でも努力すれば、結果はきっと付いてくると思います。応援しています!


 相談募集中 「人生指南」では、人気パーソナリティーの木村つづくさんと濱田詩朗さんが学生の悩みにお答えします。相談はメールbunka@the-miyanichi.co.jpで受け付けます。

アクセスランキング

ピックアップ