みやビズ

2018年4月24日(火)
  • ホーム
  • 就活応援
  • 宮日就活塾 2017年度の宮崎県一般会計当初予算案総額は
就活応援

宮日就活塾 2017年度の宮崎県一般会計当初予算案総額は

2017/03/20
 【問題】県が2月に発表した2017年度一般会計当初予算案は、16年度比0.7%減の緊縮型予算となりました。総額ではどれくらいの規模でしょう。

1.約4224億円 2.約5778億円 3.約8898億円

 【解説】県の将来像をどう描くか、どんな施策に重点を置くか。予算編成は首長から県民へのメッセージともいえます。2017年度は河野知事にとって2期目の折り返しになる年で、一般会計当初予算案の総額は約5778億円。「未来志向の地方創生に取り組む予算」と位置づけ、若者の県外流出阻止に向けた就職支援を軸とした人口減少対策、国内外への県産品の売り込みなど経済活性化策に力を入れています。

 県予算を10万分の1に縮小し、年収578万円の「こうの家」の家計に例えると…。収入は給料198万円、仲間からの分配金(地方交付税など)201万円、親からの援助(国庫支出金など)87万円、借入金(県債)61万円。使い道としては生活費(人件費など)235万円、医療費や介護費を含む家族や親戚への仕送り150万円など。今後は宮崎国体や防災への備えも必要になってきます。

アクセスランキング

ピックアップ