みやビズ

2019年8月26日(月)
就活応援

就勝つ虎の巻 失敗談編

2017/02/06

面接官が増え内容を忘れる

イラスト・タマ

イラスト・タマ

 2018年卒業予定の大学生が対象となる就職活動が3月1日に解禁される。少しずつ準備を進めて、面接などに備えよう。就活経験者が後輩たちの参考にしてほしいと、就活で体験したハプニングや失敗談を教えてくれた。


 金融機関に勤める社会人1年目のぴーはるさん(仮名)は一般企業か公務員かを選びきれず、どちらも中途半端な時期があった。両立は想像以上に大変で、公務員は不合格だった。「スタートダッシュに時間をかけ過ぎたと思う。早い時期から決断をして動いていれば、就活では幅広い職種選びができる。また公務員では丁寧な対策ができる」と助言した。

 生命保険会社に内定した大学4年のなぼりんさん(仮名)は、3次面接の部屋に入ると7人の面接官が待ち構えていて焦ってしまった。それまでは自分以外の就活生もいた集団面接で、面接官も3~4人ほど。今までと違う状況に驚き、緊張で話す内容を忘れてしまった。「面接が進むにつれ、面接官も増えていくこともある。それも想定しながら、どんな状況にも対応できるよう面接練習をして」と呼び掛けた。
関連記事

アクセスランキング

ピックアップ