みやビズ

2019年9月16日(月)
食・農 共感(県内農協シリーズ)

JA高千穂【ご当地簡単レシピ】

2013/04/15
■キンカンのパンケーキ 甘さうまく溶け合う 女性部/高千穂、日之影、五ケ瀬町(1479人)

キンカンのパンケーキ

キンカンのパンケーキ

 JA高千穂地区女性部(佐藤せつ子部長)は地元野菜や果物を使い、加工品作りの講習会を開くほか、小中学校に出向いて料理を教えるなど食育にも取り組んでいます。

 西臼杵郡のキンカンは冬に寒暖の差が大きいため、糖度が高くて程よい酸味に育ちます。そのまま生で食べてもいいですが、スライスしてサラダや酢の物、ちらしずしに入れてもおいしいです。

 新しい菓子作りに熱心な部員が考案したのが「キンカンのパンケーキ」です。まずキンカン90グラム(8~10個)をスライスし砂糖40グラム、日本酒約10ミリリットルと弱火で30分煮ます。ふたを取らず、冷めるまで置けば、甘露煮の出来上がりです。

JA高千穂女性部

JA高千穂女性部

 続いてボウルに全卵2個、サラダ油90グラム、水60グラム、ミックス粉300グラムを入れ、ハンドミキサーを使って低速で1分かき混ぜます。ボウルに付いた余分な粉をきれいに除いた後に中高速で3分。さらに、甘露煮を加え、低速で1分混ぜます。最後に型に詰め、オーブンで35~40分焼けば完成です。上火180度、下火100度が適温です。

 キンカンとケーキの甘さがうまく溶け合い、若い人に気に入ってもらえる味だと自負しています。手間も掛かりません。ぜひ一度試してください。

アクセスランキング

ピックアップ