みやビズ

2018年6月19日(火)
西日本新聞経済電子版(qBiz)

「嵐」CMで話題 年2回だけ見られる“光の道” 福岡の宮地嶽神社、13日から鑑賞イベント

2017/10/12
参道の先に沈む夕日。年2回、「光の道」の光景が見られる=2016年2月

参道の先に沈む夕日。年2回、「光の道」の光景が見られる=2016年2月

 年に2回だけ、宮地嶽神社(福岡県福津市)から一直線に延びる参道の先に夕日が沈む。アイドルグループ「嵐」が出演するCMの場面として知名度が上がり、全国から観光客が集まるイベントになった「光の道ウイーク」が13日から始まる。

 「光の道」は毎年2月と10月の数日間だけ見られる。今年は18日を中心に、参道上に夕日が見られる見通しという。

 同神社は期間中の13~22日、参道の石段を無料の一般観覧席にして、午後2時から入場を受け付け。上部の石段には約150席の祈願つき特別席(5千円)を設ける。

 21日午後6時からは本殿周辺を3千本の竹灯が照らす灯明祈願祭がある。

 特別席は事前予約が必要。宮地嶽神社=0940(52)0016。

 また14、15日には同市津屋崎漁港でフードイベント「九州食の収穫祭in福津」も開催。九州各地の郷土料理のほか、県立水産高生徒手作りの「水高バーガー」や200食限定で500円の「とれたてミニ海鮮丼」、漁協女性部の「福津産特製カキめし」などご当地グルメも並ぶ。

 14、15日はJR福間駅から宮地嶽神社、津屋崎漁港を結ぶシャトルバスを運行。ふくつ観光協会=0940(42)9988。

西日本新聞社

【関連記事】
「嵐」詣でファン続々 福岡・福津市の宮地嶽神社 夕日の参道、CM登場
福岡市お試し民泊の効果は? 「嵐」公演初日、ファンの本音
ご利益で選ぶ九州の珍スポット神社
原価1円!それでもあなたはおみくじをひきますか?
商売繁盛に御利益? パワースポット 「佐賀虎神社」が人気

アクセスランキング

ピックアップ