みやビズ

2018年9月23日(日)
西日本新聞経済電子版(qBiz)

長崎に初のアナウンススクール、開講の狙いは? 「プリムラ」社長の川上さんに聞く

2017/10/11
プリムラの川上博子社長

プリムラの川上博子社長

 アナウンサー養成や社会人のコミュニケーション力をサポートする教室「プリムラ」が11日、長崎市万屋町にオープンする。放送界を目指す人の専門養成所としては県内初という。開業の動機や授業の内容などを川上博子社長に聞いた。

 県内で放送界を目指す人のための本格的な養成の場は県内にはなく、ほとんどの人が福岡や東京など大都市のスクールで学んでいます。ところが時間も経費もかかるため、志半ばで夢を諦めざるを得ない人も多く、夢をかなえるお手伝いをしようとスクールを開設することにしました。

 コースは、アナウンサーを目指す人向けのアナウンス基礎コースや、一般企業への就職を目指す人の面接対策にお薦めのアナウンス短期コースなど七つあります。

 アナウンサーを目指す人へはインターン(実習)の準備や受験対策までしっかりサポートします。フリーアナウンサー、タレント、ラジオ番組のパーソナリティー志望者のコースもあり、県内外での活動をかなえるサポートをします。

 社会人向けの会話力基礎講座では、職種に応じた適切な指導でスキルアップを図り、企業や学校、病院などへの出張講座も予定しています。聞き取りやすい発声や分かりやすい説明能力は、営業や電話応対、接遇などで生かすことができるでしょう。

 少人数制で丁寧な指導を目指すため、1クラスの定員は8人としました。講師は、長崎の放送局の元アナウンサーや現役のラジオパーソナリティーなど。「言葉を紡ぐ」ことを生業としているその道のプロとして、後進の育成と、地元貢献ができればとの思いに共感した素晴らしい顔触れがそろいました。

 女性アナウンサーは、結婚や出産をきっかけに退職するケースが多いのですが、子育てが一段落ついた後、再び経験を生かすお手伝いもできればと思います。

 長崎市がJR長崎駅の近くで計画している大型コンベンション(MICE)施設などの複合施設が完成すれば、フリーアナウンサーの活躍の場は広がるのではないかと期待しています。

 問い合わせはプリムラ=095(800)6265。

かわかみ・ひろこ
 長崎市生まれ。モデルとして10代後半から20代前半まで福岡や長崎で活動し、20代後半からアナウンス事務所に10年間在籍。2009年、司会やタレント、モデルの所属事務所を長崎市で開業し、今回、新たな事業を立ち上げる。趣味は温泉巡り。

西日本新聞社

【関連記事】
バーチャルアナの提供を開始 ソニー、音声合成で発話
理想の上司はウッチャンとあのアナウンサー 新社会人調査で初の1位
イケメンアナが人気急上昇 「早起きしてニュースを見る」との声も
ガンを患った美人アナ 我が子のために化学療法を放棄して亡くなる
あるアナウンサーがニュース番組の最後に付け加える「ぐっ」と来る言葉

アクセスランキング

ピックアップ