みやビズ

2017年12月17日(日)
オシネタ

チョウザメ魚肉を有効活用

2017/10/11
20171010-1admin-image-1507622995.jpgキャビアフィッシュジャーキー(日南市・日南チョウザメ養殖場) 国内唯一の本格熟成キャビア「宮崎キャビア1983」。そのキャビアの親魚であるチョウザメを養殖する日南チョウザメ養殖場(日南市、濱中章輔社長)は、採卵後の雌や雄の魚肉を活用した薫製商品「キャビアフィッシュジャーキー」の製造、販売に力を入れる。魚肉を商品化し、キャビア以外の収益の柱をつくることで、経営を安定化させる狙いがある。

キャビアフィッシュジャーキー(日南市・日南チョウザメ養殖場)


日南チョウザメ養殖場で飼育されているチョウザメ。体長は1メートルを優に超す

日南チョウザメ養殖場で飼育されているチョウザメ。体長は1メートルを優に超す

 

経営安定へ収益化


 国内唯一の本格熟成キャビア「宮崎キャビア1983」。そのキャビアの親魚であるチョウザメを養殖する日南チョウザメ養殖場(日南市、濱中章輔社長)は、採卵後の雌や雄の魚肉を活用した薫製商品「キャビアフィッシュジャーキー」の製造、販売に力を入れる。魚肉を商品化し、キャビア以外の収益の柱をつくることで、経営を安定化させる狙いがある。

アクセスランキング

ピックアップ