みやビズ

2019年9月23日(月)
オンリーワン@WEB

プルメリア販売・リース 生目緑地建設(宮崎市)

2015/06/10
業務提携先のハウスで育成・管理しているプルメリアに囲まれる松浦社長

シェア1位を目指す


 ハワイなどの南国リゾート地を訪れ、この花を見たことのある人も多いだろう。熱帯花木の「プルメリア」。明るく美しい色、清楚(せいそ)な形、芳醇(ほうじゅん)な香りなど魅力に富んでいるが、気候の異なる日本国内では流通量が少ない。造園工事などを手掛ける生目緑地建設(宮崎市)の松浦龍次郎社長(35)はこの点に着目し、昨年8月からインターネット通販やリースに取り組んでいる。

#農林漁業、食品



流通少ない点に着目

業務提携先のハウスで育成・管理しているプルメリアに囲まれる松浦社長

業務提携先のハウスで育成・管理しているプルメリアに囲まれる松浦社長

 松浦社長は7年ほど前に訪れたバリ島でプルメリアと出合い、心引かれた。「日本で育てるのは無理だろう」と思いながら、その後もシンガポールやバンコクでプルメリアを見掛けるうちに気持ちが高まり、4年前に勉強を開始。すると、乾期には休眠状態となり、0度近くまでの寒さに耐えられることが分かった。翌年、与える水の量を減らしながら休眠状態とし、冬場に自宅内で管理したところ、越冬させることができ、花も咲いた。「これなら一般の家庭でもいける」と手応えを感じた。

 何より競合他社が少なく、市場も未成熟であることにビジネスとしての可能性を見た。所属する宮崎商工会議所青年部で「ランチェスター経営戦略」を学び、どんな小さな分野、部門でもシェア1位を取ることには大きな経営的意義があることを知り、プルメリア販売の事業化を目指す動機となった。1位を取ることで得られる最たるものが、事業の持続可能性だという。

 生目緑地建設は公共事業を柱とした経営をしているため、受注の増減に左右されにくい収益構造への転換を課題としている。そのために民間をターゲットにした新たな販路開拓に取り組み、事業の幅を広げ、将来的な経営安定化を図る必要がある。プルメリア関連の事業はその一助になると考えた。

 また、この事業によって獲得した顧客に対し、外構・造園工事、メンテナンス、他の植物販売といった既存事業を宣伝することで全体的な売り上げを伸ばせないかという思いも働いた。先代社長の父安雄さん(故人)が購入したものの、病没したことで未使用になっている暖房付きビニールハウス9棟があり、それを活用できる強みもあった。

 事業計画を練り、これを経営革新計画として県に提出。2014年度に承認を受けた。承認されると各種優遇措置を受けられるが、承認申請した目的はもう一つ。「事業の可能性について客観的な評価がほしかった」からだ。

 県の補助金でハウス1棟を修繕し、さらに川南町の花き栽培農園と業務提携。昨年8月にホームページ「プルメリア通販.com」を開設し、ネット通販をスタートさせた。海外から苗木を仕入れ、現在は自社ハウスで200株、提携先で2000株を育成・管理している。

冬場の預かりサービスも

さまざまな品種があるプルメリア。ハワイではレイに用いられるなど、その美しさで知られる。生目緑地建設では10品種ほどを扱う

さまざまな品種があるプルメリア。ハワイではレイに用いられるなど、その美しさで知られる。生目緑地建設では10品種ほどを扱う

 扱っているのは樹高50~80センチの10品種ほどで、6月から10月まで花を楽しめる。販売価格は大きさにより3240円と8800円(送料別)。ターゲットは個人やホテル、南国をイメージした店舗など。現在は関東地区から南は沖縄まで、個人を中心に注文や問い合わせが来ている。直接販売や宮崎市近郊を対象とした夏季限定のリースも行う。

 市場での流通が少ないため、育て方が浸透していないという課題もある。「越冬させる自信がない」「枯らすのはかわいそう」といった不安に応えるため、思い切ったサービスを用意している。販売したプルメリアを冬前に買い戻したり、有料で預かったりするものだ。正直、手間が掛かり、もうかるサービスではないが、「まずは普及とシェア獲得。長い目で、この事業を育てたい。ギフトでも多く使ってもらいたいので、こうしたサービスがあれば贈る側、贈られる側の双方に喜ばれる」と話す。

 シェア1位とは別に、二つの目標がある。一つは宮崎らしい品種を開発し、品種名に「MIYAZAKI」を入れること。もう一つは南国情緒漂う景観を生み出しているフェニックスのように、県内の至るところでプルメリアが目につくよう普及に努めること。南国宮崎がプルメリアで彩られる日を夢見ている。

 生目緑地建設 1975(昭和50)年に庭木を販売する「宮崎植木市場」として創業し、88年に「生目緑地建設」へ商号を変更。公共事業の造園工事、庭園・植栽管理、土木工事、庭木販売などを手掛ける。個人や店舗向けの民間事業にも取り組む。宮崎市浮田1373。TEL0985(47)5153。

アクセスランキング

ピックアップ