みやビズ

2019年10月14日(月)
ニューフェース

宮崎太陽銀行/営業推進部 折田奈穂さん(22)

2011/06/01
国債・投資信託のエキスパートに

折田奈穂さん仕事風景

先輩行員の岩切誓子さんから指導を受ける折田さん(左)。学んだことはすぐにメモ、が習慣

 本店の営業推進部推進グループで、国債・投資信託を担当している。新入行員は支店に配属されるのが一般的だと聞いていたが、本店勤務と知った時には驚いた。

 入行から約2カ月、出勤から退社までが「一瞬で終わる」(折田さん)ほどの充実ぶり。国債などの各支店の扱い件数管理や、ファンド会社との連絡事務などが主な業務で、耳慣れない金融用語や、実感がわかないほどの大きな数字の扱いに奮闘する毎日。上司からの指摘、業務手順など、日々の気付きを書き込んだノートがそろそろ2冊目に突入しそうだ。

 宮崎市出身で高校まで地元で過ごし都内の大学へ進学、法律を学んだ。就職を考え始めたのは大学2年生の時。登校時の通勤ラッシュに「朝からこんなに疲れたくない」という思いが募った。さらに、行き交う人がすべて知らない人であいさつも交わさない、そんな環境に寂しさを感じ、故郷での就職を決意した。

 数ある県内企業の中で、宮崎太陽銀行を選んだ理由は「企業説明会に数回参加して感じたアットホームな雰囲気に引かれた」といい「入行後もそのイメージは変わらない」。

 仕事の息抜きは、4歳から続けるピアノを弾くこと。仲間と音楽を奏でるのが大好きで、近々フルートを始めようかと思案中だ。

折田奈穂さん

折田奈穂さん

【ひとこと】
 現在の部署は、直接お客様にお会いする機会はなかなかありませんが、常にお客様のお金をお預かりしているということを意識し、間違いのないように気を付けています。まずは、現在担当している国債・投資信について知識を深め、どのような場面にでも対応できるエキスパートになりたいですね。

【先輩からのひとこと・岩切誓子さん(28)】
 同じ部署に所属しており、指導係を任されています。分からないことがあるとすぐに質問し、学んだことはノートに記録して復習している様子。時間を無駄にせず、いつもてきぱきと動いている印象ですね。わたし自身、入行7年目にして初めての指導係。一生懸命な姿に、こちらが学ばせてもらうことも多いです。

アクセスランキング

ピックアップ