みやビズ

2019年10月14日(月)
ニューフェース

県農協果汁管理課/河野慎吾さん(22)

2011/12/12

従業員と信頼関係築く


「社員みんなから頼られる人になりたい」と目標を話す河野さん

「社員みんなから頼られる人になりたい」と目標を話す河野さん

 幼いころから慣れ親しんだサンAジュース。小学校の給食でサンAのミカンジュースが出ることもあり、「子どものころから地元で最も身近な企業だった」と話す。

 高校時代は福祉の仕事を目指していた。九州保健福祉大に進み、臨床福祉を専攻。一方で、就職活動中も「地元で働きたい」という思いが強く、地元川南町に本社がある県農協果汁(サンA)へ入社を決めた。

 業務はジュースやお茶などを作る製造部門、外回りの営業部門、経理・総務を担当する管理部門に分かれる。配属された管理部門は、従業員の給与や福利厚生、会議資料の作成、各種手続きなどを行う部署。「人にかかわる仕事なので、それぞれの部署が何をしているか、よく理解しないといけない」と気を引き締めつつ、「全社員の顔や名前を覚えるのが、なかなか大変」とはにかむ。

 特に、全社員が参加して月1回行われる全体朝礼は大切な集会だ。朝礼では、工場での製造実績や今後の搾汁計画などが報告され、そこで出される資料作成も仕事の一つだ。資料は従業員が会社の方向性を把握したり、共通認識を持ったりする上で重要。「資料づくりは大変だが、マクロな話では大切」と懸命に取り組む。

 ほぼ年中無休、24時間で稼働する製造工場を持つサンA。「会社全体が見えないといけないのは大変だが、従業員全員とふれ合えるのは管理部門だけ。みんなから信頼され、誰からも声をかけてもらえる人になりたい」。会社を裏から支える気持ちは強い。

県農協果汁管理課の河野慎吾さん(22)

県農協果汁管理課の河野慎吾さん(22)

【ひとこと】
 個人的に最近の一押しは、サンAの新商品「はちみつ入りショウガキンカン」です。のどが弱いので、ほぼ毎日飲んでいます。冬になって気温が下がる日も増えているので、ホットで飲むとおいしいですよ。

【上司からのひとこと・森田博之管理課長】
 採用試験の時は面接官として見ており、今は直属の部下です。上司として伝えたいことは、目標を持って仕事をすること。目標を持つことで、やり遂げた時の達成感はさらに大きくなるし、成果にも表れてきます。新人の時の謙虚さを忘れずに、これからも仕事に取り組んでほしいです。

アクセスランキング

ピックアップ