みやビズ

2019年10月15日(火)
マンスリー東京

3月号【みやざきゆかり 来て味店】おやっとさあ(港区)

2017/03/27

県産地鶏料理が人気


表参道で本県の郷土料理を提供するおやっとさあ=東京都港区

表参道で本県の郷土料理を提供するおやっとさあ=東京都港区

 東京のおしゃれな街の一つ・表参道で、都城市出身の石井正弘さんが営む、本県など南九州の郷土料理や、季節野菜を使った創作料理を提供する居酒屋。1998年に東京メトロ・外苑前駅近くで開業し、2010年に現在の店舗へ移転した。

 カウンター、テーブル、座敷など計52席。路地裏の隠れ家的な店構えで、街の雰囲気に合わせ、店内は落ち着いた空間に。個室もあり、接待での利用も多いという。

 地鶏や豚肉は本県産を使用し、本県や鹿児島県産の芋焼酎も数多くそろう。お薦めは、地鶏のせせり焼き(1人前千円)と地鶏の柳川(同900円)。せせり焼きは、コリコリした歯応えと、程よい脂を味わえると人気で、品切れになることも多い。柳川は、胸肉と長ネギ、シイタケを和風だしで煮込み、卵でとじる。甘味もあり「ご飯が欲しくなる」と好評だ。

地鶏のせせり焼き(左)と地鶏の柳川

地鶏のせせり焼き(左)と地鶏の柳川

 菊地淳(じゅん)店長(35)は「宮崎料理を多くの方に楽しんでいただけるよう頑張りたい」と話している。

【住所】東京都港区北青山2の13の3R’S青山ビルB1F(東京メトロ表参道駅B2出口徒歩1分)
【電話】03(6683)5946
【営業時間】午後6時~午前0時
【定休日】年中無休。ランチ営業あり。

アクセスランキング

ピックアップ