みやビズ

2017年3月28日(火)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

フイ麺/和平飯店(宮崎市)

2017/01/17

本場の味を再現


 宮崎公立大近くにある「和平飯店」(宮崎市)は、県内では珍しい河南省の名物「フイ麺」(500円)を味わえる中国料理店。平打ち麺を使っているのが特徴で、「スープがおいしい」「野菜がたっぷり入っていてヘルシー」などと評判。中国人のお客からも「本場の味」とお墨付きをもらったそうだ。

和平飯店の「フイ麺」

和平飯店の「フイ麺」

 平打ち麺は、本場で3年間修業した店主の柳田和美さん(53)が毎朝手打ちする。強力、中力、薄力の三つの小麦粉を季節やその日の天気に合わせてブレンド。注文を受けてから手際よく伸ばして形を整えた後、3分ほどゆでる。ゆで加減は軟らかめが基本だが、希望すれば硬めにもしてくれる。

 キャベツや小松菜、ニンジン、モヤシなど、成人が1日に取るべき量の3分の1に相当するというたっぷりの野菜をニンニクやごま油などと一緒に炒め、鶏がらや豚骨でとったスープと合わせて味を調える。スープは玉ネギやニンニクのほか、シナモン、八角、ローリエなど7種類のスパイスを加えて5~6時間ほど煮込んでいるという。

 まず、スープを一口。見た目は濃厚だが、すっきりとした味わい。スパイスのせいだろうか、しばらくすると額に汗がにじみ、体がぽかぽかしてきた。麺はモッチリしていて厚みがあるが、軟らかいのでつるつるっと口に入る。備え付けのラー油を加えれば辛みが増し、黒酢を入れればさっぱりするなど、いろんな味を楽しめるのもうれしい。

「自家製の手打ち麺をご賞味ください」と話す和平飯店の柳田和美さん

「自家製の手打ち麺をご賞味ください」と話す和平飯店の柳田和美さん

 「宮崎でフイ麺が味わえる唯一の店です。本場の味をぜひご賞味ください」と柳田さん。ボリュームがあるのに手ごろな値段で提供しているのは、学生のお客が多いということもあるが、一番は「宮崎でフイ麺を広めたい」との思いから。

 オープンから間もなく1周年。店内には料理本や詩集など中国に関連する本が置いてあり、インテリアやBGMも地元の屋台を連想させるような雰囲気を漂わせている。お客の要望で最初はなかったチャーハンを定番メニューにしたり、中国にまつわる話を聞くのを楽しみにお客が訪れたりと、着実にファンを増やしている。

 4人掛けと2人掛けのテーブル席2で12人収容。

記者のひとこと

柳田さんから「フイ麺を宮崎に定着させたい」という熱い思いが取材を通して強く伝わってきた。

【メモ】
店名:和平飯店
住所:宮崎県宮崎市丸山1の50【地図】
電話:080(6418)5765
営業時間:午前11時~午後7時ラストオーダー
定休日:不定休
駐車場:3台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ