みやビズ

2017年6月26日(月)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

ちゃんぽん&南蛮セット/あずま亭(国富町)

2016/12/27
見た目のインパクト&保温性を重視 宮崎市から綾町へ向かう県道26号沿いにある定食屋「あずま亭」(国富町)の名物が、すり鉢で出てくる「すりばちちゃんぽん」(780円)。1日に30杯は出るという人気メニューで、他では見掛けない具材が入っている珍しさも話題となっている。

見た目のインパクト&保温性を重視


「あずま亭」の「ちゃんぽん&南蛮セット」

「あずま亭」の「ちゃんぽん&南蛮セット」

 宮崎市から綾町へ向かう県道26号沿いにある定食屋「あずま亭」(国富町)の名物が、すり鉢で出てくる「すりばちちゃんぽん」(780円)。1日に30杯は出るという人気メニューで、他では見掛けない具材が入っている珍しさも話題となっている。

 豚骨を弱火でじっくり煮込み、しょうゆなどで味付けしたスープはまろやかな優しい味。麺は180グラムとボリュームがある。この量を食べきる自信がないなら、定食に付くサイズとほぼ同量(130グラム)の「ミニちゃんぽん」(660円)がお薦めだ。

 なみなみとつがれたスープと麺、その上にエビフライ、ゆで卵、錦糸卵、メンマ、コーン、ワカメ、ホウレンソウ、カボチャ、豚肉、イカゲソ、かまぼこ、ちくわ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、キクラゲなどが載る。野菜もたっぷりで、成人が1日に取るべき量の3分の1に相当するという。

 すり鉢の直径は18センチ(ミニは15センチ)。夫の光徳さん(故人)と37年前に店を始めた本田タエ子さん(68)は「創業当初は普通の丼を使っていたけれど、約15年前から見た目の印象と優れた保温性に着目してすり鉢に切り替えたところ好評です」。

「あずま亭」の店内。座敷とテーブル席を備えている

「あずま亭」の店内。座敷とテーブル席を備えている

 初来店の人は「珍しい」「量が多くてびっくり」などと反応。プラス150円で麺の量が2倍の360グラムとなる「デカ盛り」もあるので、自信がある人は挑戦してみて。

 チャンポン付き定食は6種類ある。特に人気が「ちゃんぽん&南蛮セット」(1080円)。鶏の胸肉を使ったチキン南蛮に自家製タルタルソースがたっぷりかかる。サラダ用ドレッシングはタエ子さんの三男貴政さん(35)の手作り。

 店内は6人がけのテーブル、4人がけのテーブル2、2人がけのテーブル、4人がけの座敷7の44人収容。

記者のひとこと

 花の手入れが日課のタエ子さん。店の前の庭にはビオラやペチュニア、コスモスなど約20種類が咲いていた。看板猫のクロちゃんも迎えてくれて、心がほっこりした。

【メモ】
店名:あずま亭
住所:宮崎県東諸県郡国富町田尻2387の2【地図】
電話:0985(75)6288
営業時間:午前11時~午後2時、午後6~8時
定休日:月曜(祝日のときは翌日)
駐車場:15台程度

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ