みやビズ

2017年12月14日(木)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

モダン焼き/粉や(宮崎市)

2016/11/29

ダブルでおいしい

 お好み焼きと焼きそばの両方が楽しめて、1度で2度おいしいのがモダン焼き。東京名物「もんじゃ」が味わえる店として評判となっている鉄板・お好み焼き「粉や」(宮崎市)店主の栗原浩太郎さん(38)に、同店のモダン焼き(900円)のこだわりを教えてもらった。

「粉や」の「モダン焼き」

「粉や」の「モダン焼き」

 お好み焼きは関西風。カツオだしなどを小麦粉に混ぜて山芋を加えた生地に、キャベツや天かす、紅しょうが、ネギなどを入れて鉄板で6分程度焼いていく。卵でコーティングして、いよいよ麺の出番だ。特注で仕入れたコシのある太麺を手際よく焼いていく。「数種類の麺を試しましたが、お好み焼きの味に負けない太麺が相性がよく、シンプルにおいしいです」と栗原さん。甘辛いソースがたっぷりとかかり、鹿児島産のかつお節が熱でゆらゆらと揺れる。

 同店は麺を使った料理も充実していて、定番の「ソース焼きそば(豚)700円・(海鮮)800円」をはじめ、変わり種の「明太焼きそば」(700円)や「海鮮焼きちゃんぽん」(800円)など9種類がある。ちなみに、お好み焼きは「豚玉」「イカ玉」(いずれも700円)など16種類。もんじゃ以外は持ち帰りもできるので手土産にしても喜ばれそう。

 コース料理も1500円(数日前の予約が必要)から受け付けているので、気軽に問い合わせを。アルコールはビールや焼酎、日本酒、ワインなど豊富な品ぞろえ。

「粉や」の店内。テーブル席とカウンター席を備える。カウンター席に座り、店主の栗原さんと話すひとときも楽しい

「粉や」の店内。テーブル席とカウンター席を備える。カウンター席に座り、店主の栗原さんと話すひとときも楽しい

 翌午前2時まで営業しているお店には、二次会の締めに利用する人、手土産を買い求めに立ち寄る人などで夜遅くまでにぎわう。カウンター席に座り、栗原さんとの会話を楽しみに訪れるお客も多い。

 「宮崎には夜遅くまで気軽に集える場所が少ない。会社の同僚や友人同士などに、交流を深める場としても使ってもらいたいとこの店を開きました」と栗原さんはほほ笑む。店内では世代の違う客同士のつながりも生まれており、実際にコミュニティーの場としての役割も果たし始めているようだ。

 店は木目調のインテリアで、照明を落とし気味な空間はおしゃれなバーのような雰囲気。6人用と4人用のテーブル席、カウンター9席の19人収容。

記者のひとこと

 2人でシェアしてもいいほど食べ応えのあるモダン焼き。熱々の鉄板で出来たてをご賞味あれ。

【メモ】
店名:粉や
住所:宮崎県宮崎市上野町8の23 トーニンビル1階【地図】
電話:080(6477)3535
営業時間:午後6時~翌午前2時
定休日:日曜
駐車場:なし
http://konaya.link

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ