みやビズ

2020年2月24日(月)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

地鶏坦々麺/長友屋 西銀座通り店(宮崎市高松町)

2016/07/19
「長友屋 西銀座通り店」の「地鶏坦々麺」

地鶏店が作る一杯


「長友屋 西銀座通り店」の「地鶏坦々麺」

「長友屋 西銀座通り店」の「地鶏坦々麺」

 2016年4月に創業したばかりの居酒屋「長友屋 西銀座通り店」(宮崎市高松町)。地鶏料理を主力にした店で「何かインパクトがあるものを作りたい」と、県内外で修業を重ねて和食をメインに腕を磨いてきたオーナーの長友太一郎さん(33)が考案したのが「地鶏坦々麺」だ。

 県産の赤鶏を惜しみなく使っていて、地鶏のガラでとっただしとタマネギやニンジンなどの野菜を5時間かけて炊きあげる。ラー油のコクと辛みが効いているがまろやかな味わいなので辛いのが苦手な人でも食べられる。辛さはトウバンジャンとトウガラシの量を足して調整する。地鶏のひき肉(ミンチ)からもいいだしが出ていた。大葉や長ネギ、キクラゲ入り。

 麺は中華麺(200グラム・850円)か春雨(150グラム・750円)から選べる。中華麺は県外の業者から仕入れた特製のちぢれ麺を使っている。春雨はカロリーを気にする女性に好評だ。

 この担々麺は12年10月に神武大祭のイベント内で行われた「B級グルメよかもん市選手権」(宮崎商工会議所主催)で優勝したお墨付きの一杯。

 「白米をスープに入れて味わう食べ方もお勧めです。料理のシメに注文する人も多いですよ」と長友さん。

「長友屋 西銀座通り店」の店内

「長友屋 西銀座通り店」の店内

 赤鶏炭火焼きはトウバンジャンをベースとしたみそにからめて焼いた「赤もも焼き」や「ネギもも焼き」(いずれも1380円)など5種類程度が味わえる。

 コース料理は地鶏のもも焼きや刺し身など7品程度が味わえる(2時間の飲み放題付きで3500円)。

 「地鶏は宮崎の郷土の味。朝取れで仕入れていて、鮮度の良さにも自信があります」と長友さんは胸を張る。

 アルコールは日本酒や焼酎、果実酒、ワインなど幅広くそろえている。

 店内は掘りごたつの座敷やテーブル席、カウンター席になっていて約60人収容。

 まなび野店(地鶏のテークアウト専門)もあり。

※料金はいずれも税別

記者のひとこと

 地鶏のだしが効いた、うまみたっぷりの一杯。県民なら普段からよく食べている地鶏の違った魅力を感じられるはずだ。

【メモ】
店名:長友屋 西銀座通り店
住所:宮崎県宮崎市高松町1の28 銀座ビル1階【地図】
電話:0985(69)8146
営業時間:午後6時~翌午前0時(金・土曜は同3時まで)
定休日:なし
駐車場:なし

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ