みやビズ

2019年4月19日(金)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

パッタイ/パッタイ屋 ストロボキッチン(宮崎市)

2016/03/08
「パッタイ屋 ストロボキッチン」の「パッタイ」。好みの調味料をかけて自分なりのおいしさを見つけるのも楽しい

現地の味にアレンジを加えた自信作


「パッタイ屋 ストロボキッチン」の「パッタイ」。好みの調味料をかけて自分なりのおいしさを見つけるのも楽しい

「パッタイ屋 ストロボキッチン」の「パッタイ」。好みの調味料をかけて自分なりのおいしさを見つけるのも楽しい

 宮崎市の若草通りから一本入った路地にあるタイ風居酒屋「パッタイ屋 ストロボキッチン」(宮崎市橘通東3丁目)。米麺とモヤシなどの具を甘酸っぱい味付けで炒めたタイ風焼きそばの「パッタイ」を専門に出している店は県内でも例がないとあって評判を呼んでいる。

 タイで修業を重ねた店主の神谷雅之さん(52)が現地の味を生かしつつアレンジを加えた「パッタイ」(850円)は、タイでの思い出が詰まった思い入れのある一品。

 味の決め手となる「タマリンドソース」は、タイ産のタマリンドソースのペーストと玉ネギを2日間かけて煮込んだものにフライドオニオンなどの野菜やフルーツをはじめとする9種類の食材と、シーユーカオ(タイのしょうゆ)など3種類のしょうゆやナンプラーなど6種類の調味料を加え、独自の配合で作りあげている。手間暇かけて作ったソースに強火で炒めたモヤシと、炒ったピーナツの香ばしさや食感も相まって箸が進む。

 麺は米粉で作った、幅数3ミリの平たい麺「センレック」を使用している。

 酸味を利かせたい時には一緒に付いてくるライムをしぼって味わう。テーブルにはナンプラー、トウガラシ入りの酢などが置いてあり、からみが欲しい人は好みでかけてみるのもお薦め。一度でいろいろな味わい方が楽しめるのもうれしい。

 「程よい酸味とうまみがクセになる味です」と、神谷さんは話す。

 エビやイカなどが入ったシーフード入りのパッタイ(1050円)もあり。

 神谷さんは、バックパッカーでタイに何度も足を運んでいるうちにタイの魅力とともにパッタイにはまった。「調理法を教えてほしい」と、数あるタイのレストランや屋台をまわったが現実は厳しく相手にしてもらえない。それでもめげずにチャレンジを続けていると現地で有名な屋台のオーナーが神谷さんの情熱を買って修業させてくれたというエピソードも興味深い。

「パッタイ屋 ストロボキッチン」の店内

「パッタイ屋 ストロボキッチン」の店内

 まだまだ宮崎ではパッタイのなじみが薄く多くの人にパッタイを知ってもらい、浸透させたいという考えが神谷さんの根底にある。

 玉ネギを1時間以上あめ色になるまで煮込んだ「グリーンカレー」(850円)をはじめとするフードメニューも充実している。

 創業は2015年11月。内装は2カ月かけて神谷さんらが、ソファやランプなども手作りした。ポップな印象ながらぬくもり感のある造りになっている。BGMにはタイミュージックが流れ、現地の屋台を再現しているような感覚に浸れるのもいい。

 2人がけ、4人がけ、5人がけのテーブルと靴を脱いでくつろげる小上がりの座敷があり。25人程度収容。

記者のひとこと

 タイのビールとも相性ぴったりのパッタイ。「宮崎の中心市街地を活気づけたい」と、街の活性化に熱心に取り組む神谷さんの真剣な姿勢にも共感した。

【メモ】
店名:パッタイ屋 ストロボキッチン
住所:宮崎県宮崎市橘通東3の5の26 カサディ2・4ビル1階【地図】
電話:050(5274)6223
営業時間:午後6時~10時半(同10時ラストオーダー)
定休日:日曜、月曜
駐車場:なし

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ