みやビズ

2020年2月25日(火)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

辛みそチャンポン/元気堂(宮崎市)

2014/03/13

豆乳のまろやかさを生かした逸品


 宮崎市田吉にあるチャンポン専門店「元気堂」。障害がある人の継続的な就労支援を目的として設立されたCoCoRo事業所が2013年4月にオープン、まろやか豆乳をベースにした味わいが特徴で豆乳、辛みそ、塩、しょうゆの4種類から選べる。

「元気堂」の「辛みそチャンポン」。豆乳と辛みそのバランスが好相性

「元気堂」の「辛みそチャンポン」。豆乳と辛みそのバランスが好相性

 今回、オーダーしたのは「辛みそちゃんぽん」(500円)。まず出てきて驚いたのが野菜の量。キャベツやモヤシ、玉ネギ、ニンジンなどが器いっぱいに盛られている。半日に必要な300グラムの野菜が「この一杯で摂取できてヘルシー」と、ゲストにも好評だ。国産の食材を使用し、野菜以外にも豚バラやちくわ、かまぼこなども載り具だくさん。

 スープは毎朝仕入れる新鮮な豆乳を鶏がらベースで割っている。「豆乳の濃厚さと甘さを生かした、体に優しいチャンポンです」と、話してくれたのは同店オーナーの堀川佳恵さん(39)。

 スープを口に含むと、あっさりしつつもコクがある。コチュジャンを入れて作っていて、まろやかな辛さが特徴だ。「私自身、豆乳が苦手なんですが、このちゃんぽんは実際に作ってみて味にほれ込みました。野菜もたっぷり取れるし、自分の体にも優しいものを味わってほしい」と、堀川さんは自信を見せる。野菜のエキスから出るだしも優しい味わい。近々、豆乳の大豆も自家栽培で手作りして提供する予定だ。見た目よりも辛すぎず、子どもでも食べられる辛さに仕上がっている。

 麺は県内の業者から仕入れていて、太麺でもっちり感がある。野菜と同様、麺も200グラム使っていて、男性でも満足感が得られるほどのボリューム感があり。大盛りもプラス100円でできるが、ほとんど利用する人はいないそう。「辛さの調整や具材を柔らかめにしたい」など、要望や状況に応じて対応してくれるので、気軽に伝えてほしい(同店)。

「元気堂」の店内。スタッフが元気なあいさつで迎えてくれる

「元気堂」の店内。スタッフが元気なあいさつで迎えてくれる

 夏には近所の人がとうもろこしを持ってきてくれてチャンポンに入れて提供したりするなどのエピソードも披露してくれ、地域にも溶け込んでいる。同店が心掛けているのが「地域コミュニティーの場」。最初はふさぎ気味だったスタッフも作る喜びや人と関われるこの仕事に刺激を受け、いきいきと働いている。「人に優しい場所でありたい」と、堀川さんはほほ笑む。

 「焼きちゃんぽん」(600円)も同じく豆乳、辛みそ、塩、しょうゆから選べる。ゆずごしょうを入れてもおいしい。店内は、座敷5テーブル、5カウンター。


店のおすすめ

ハーフのチャンポン付きの「から揚げ定食」(500円)です。

記者のひとこと

4月には新メニューの「カレーチャンポン」も登場する予定で、今から楽しみだ。

店のひとこと

温かいものを食べて心も温かくなっていただきたいです。スタッフ一同、そのような気持ちでお迎えいたします。


【メモ】
店名:元気堂
住所:宮崎市田吉1361の10[地図]
電話:070(5419)1727
営業時間:午前11時~午後2時
定休:日曜、祝日
駐車場:7台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ