みやビズ

2019年4月19日(金)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

パッタイセット/エスニック料理ハロハロ

2011/10/13

甘さと辛さと酸っぱさ楽しめる



「ハロハロ」の「パッタイセット」。平たい米の麺とシャキシャキした野菜を甘く炒めたパッタイに、レモンを搾ってかけると、甘さと酸味で、ビールが欲しくなる

「ハロハロ」の「パッタイセット」。平たい米の麺とシャキシャキした野菜を甘く炒めたパッタイに、レモンを搾ってかけると、甘さと酸味で、ビールが欲しくなる

 宮崎市清武町にあるエスニック料理屋。店名の「ハロハロ」は、フィリピンのタガログ語で「ごちゃまぜ」という意味。タイ、フィリピン、インドネシアなど甘くて辛くて酸っぱいアジア各国の料理を、店主の遊亀孝さん(44)らが作っている。

 パッタイセット(1000円)は、店の人気料理を一度に味わえるメニューの一つ。

 米の麺とモヤシ、玉ネギ、赤ピーマンなどの具を甘い味付けで炒めたタイ風焼きそば「パッタイ」は、レモンを搾ると、甘みと酸味、上に掛けられたピーナツやシャキシャキした野菜の歯応えが相まって、ビールが飲みたくなる。スープ付きの単品もあり、ランチ時は550円、ディナー時は650円。

 一緒に運ばれてくる丸いプレート皿には、ミニ生春巻、揚げ春巻、香ばしいタンドリーチキン、エビせん、ご飯が載る。揚げ春巻には甘いチリソース、生春巻には酸、ナンプラー、唐辛子などで作る店特製のソースが付く。春雨が入ったナンプラー風味のスープは、100円追加で辛くて酸っぱいエビのスープ「トムヤムクン」に変更できる。

「ハロハロ」の店内。避暑地をイメージさせる店内には、テーブルやカウンター席のほか子供連れ向けに座敷がある。中央に置かれたドラムやピアノを使い、年に数回、ジャズコンサートも

「ハロハロ」の店内。避暑地をイメージさせる店内には、テーブルやカウンター席のほか子供連れ向けに座敷がある。中央に置かれたドラムやピアノを使い、年に数回、ジャズコンサートも

 ランチメニューで一番人気はグリーンカレーにタンドリーチキンや揚げ春巻が付いた「タイカレーセット」(700円)。ほかにも「タコライスセット」(同)、「ナシゴレンセット」(1000円)、タイ風汁麺「センレクナームセット」(同)などがある。

 客層は学生から中高年まで幅広い。そこまで料理は辛くないため、小さな子供連れの客も多いという。

 夜はフィリピン風手羽元煮をご飯に載せた「アドボごはん」(680円)など単品料理も豊富。サラダからデザートまで付いたコース料理は1500円から。持ち帰りもできる。

 店は2000年に同市郡司分で開業。今年9月に同市清武町木原の「永田」交差点の近くに移転した。テーブル、カウンター、座敷の計60席。年に数回、ジャズライブを開く。

店のおすすめ

グリーンカレー、生春巻、エビの揚げ春巻がよく出ます。ワンプレートセット(1000円)はランチだけでなく、平日夜にもありますよ。

記者のひとこと

あれもこれもと、つい食べたくなるので複数人で行くのがお勧めだ。個人的には、フルーツ、ムラサキイモペースト、練乳、ココナッツアイスなどを混ぜて食べるフィリピン風かき氷(550円)を今度ぜひ試してみたい。

店のひとこと

時間制限は無いので、ゆっくりしていってください。新店舗では座敷が4卓なので、小さなお子様連れのお客様には事前のご予約をお勧めしています。

【メモ】
店名:エスニック料理ハロハロ
住所:宮崎市清武町木原6406の1[地図]
電話:0985(89)0000
営業時間:午前11時半~午後3時(ラストオーダー2時)、午後6~11時(同10時)
休み:水曜日、第3火曜日
駐車場:20台
HP:無し

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ