みやビズ

2017年6月25日(日)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

プレミアムBセット/しゃんぐり.ら(宮崎市)

2017/03/28

 1977(昭和52)年創業と歴史のあるカフェ「しゃんぐり.ら」(宮崎市大島町)。今回は生パスタ、肉料理、魚料理などが一皿に盛られてボリュームたっぷりな「プレミアムBセット」(昼は1480円、夜は1680円)を紹介したい。

ソースで変わる生パスタ


「しゃんぐり.ら」の「プレミアムBセット」

「しゃんぐり.ら」の「プレミアムBセット」

 1977(昭和52)年創業と歴史のあるカフェ「しゃんぐり.ら」(宮崎市大島町)。今回は生パスタ、肉料理、魚料理などが一皿に盛られてボリュームたっぷりな「プレミアムBセット」(昼は1480円、夜は1680円)を紹介したい。

 生パスタは日替わりで、取材した日にシェフの前田浩一さん(40)が作ってくれたのは「ミートソースとモッツアレラチーズとナスのパスタ」。

 ミートソースはひき肉やニンニク、玉ネギ、ニンジンをオリーブオイルなどで炒めたものに赤ワインを足して30分程度煮込み、イタリア産のトマトピューレを使用した自家製のトマトソースと、デミグラスソースを加える。

 生パスタは淡路麺業(兵庫県)のリングイネを使っていて、麺は160グラム程度と多め。麺本来のモチモチ感を大切にするため、ゆで加減は1分半程度と短めにしている。

 熱々の麺にはソースとともにデンマーク産のモッツアレラチーズがとろっと絡んでいる。「モチモチとした食感の麺と手間をかけたソースを味わってください」と、前田さんはほほ笑む。

 単品パスタの定番メニューは7品程度で、ソースはトマト、クリーム、オイルの3種類。プラス100円で生パスタにすることもできる。生パスタはソースとの相性を考え、リングイネやタリアテッレ-といった異なる麺を使い分けているのもこだわり。

「しゃんぐり.ら」の店内

「しゃんぐり.ら」の店内

 パスタだけでもボリュームがあるが、このプレートは肉、魚、野菜のフルコース。「いろいろ食べたい」という人の欲求を満たしてくれる。この日に味わったのは肉はローストビーフ、魚はイトヨリダイのグリル、イサキとカツオのカルパッチョなど。

 スープ、パンかライス、ドリンク、デザート付き。夜は10種類から好みのデザートを選べる。

 春は菜の花や春キャベツ、初夏からトマトや佐土原ナス、スイートコーン、秋はシメジやエリンギなどのキノコ、冬はホウレンソウなど、通年で旬の食材を使ったパスタが味わえるのもうれしい。

 店内から見渡せる中庭では“看板猫”の「ミーちゃん」がひなたぼっこをしていて、何とも癒やされる。ミーちゃん見たさに訪れる客もいるという「招き猫」でもある。

記者のひとこと

 屋号の「しゃんぐり.ら」には「楽園」「理想郷」といった意味がある。同店でほっと一息できる時間を過ごしてほしい。

【メモ】
店名:しゃんぐり.ら
住所:宮崎県宮崎市大島町前田322の1 [地図]
電話:0985(26)0021
営業時間:午前11時半~午後3時半、午後5時半~同10時
定休日:火曜
駐車場:15台程度

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ