みやビズ

2018年7月21日(土)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

渡りガニのパスタ/フレンチ厨房エトワール

2011/12/08

見た目豪快さと味の対比絶妙


「フレンチ厨房エトワール」の「渡りガニのパスタ」。皿の上に載ったカニの甲羅や手足にびっくり、パスタの深い味わいににんまりすること請け合い

「フレンチ厨房エトワール」の「渡りガニのパスタ」。皿の上に載ったカニの甲羅や足にびっくり、深い味わいににんまりすること請け合い

 宮崎市のJR日向住吉駅北側の住宅街一角にある隠れ家のような創作料理店。神戸のホテルなどで経験を積んだ竹山安雄さん(57)が2005年12月に店を開いた。本格コース料理を箸で食べられる気軽さと、静かで落ち着いた雰囲気から中高年層に根強い人気を誇る。

 カニの甲羅や足がどんと載った「渡りガニのパスタ」(サラダ付き、ランチ時850円)は毎日3、4品あるパスタ料理の一つ。

 注文を受けてからさばくカニは、胴体部分はブツ切り、はさみは食べやすいよう縦切りにし、程よい状態になるよう炒めて香りを出した後、白ワインやブランデーでフランベ。さらに蒸し煮して、身だけでなく殻からもうま味を引き出すことにこだわる。

 このカニとパスタの麺、前日から煮込んだ酸味を抑えたトマトソースとの相性が良く、最後は人目も気にせずカニの足にむしゃぶりつきたくなる。「パスタ専門店じゃないんだけどね」と竹山さんは苦笑いするがリピーターは少なくない。カニは200円増しで量を増やすこともできる。

 店のメニューはコース料理が中心。メーンの魚は門川取れ、肉や野菜は県内産を主に使う。特に肉料理ではビーフシチューの定評が高い。

エトワールの店内。ピンク色のテーブルクロスや白い壁、カーテンの柔らかな色合いで、店には独特のゆったりとした時間が流れる

エトワールの店内。ピンク色のテーブルクロスや白い壁、カーテンの柔らかな色合いで、店には独特のゆったりとした時間が流れる

 ソースは客の健康を考え、生クリームやバターの使用をできるだけ抑えた和風ソースを使う。昼はエトワールランチ(1250円)、夜はエトワールディナー(2500円)が人気。どちらもキッシュや手作りハムなど数種類の前菜に、サツマイモやカボチャなど季節のポタージュスープ、手作りのパンやシフォンケーキなどのデザートが付く。

 フルコースをゆっくり食べる時間がないという人には、ハンバーグとエビフライとチキン南蛮がひと皿に盛られた「よくばりセット」(単品1300円、セット1500円)がある。家族連れなどに人気。クリスマスディナー(1人前5000円から)や、おせちオードブル(40食限定、9000円)も例年好評。店内はテーブル18席。最大25人のパーティーも可能。

店のおすすめ

全てお薦めですが、いろいろ食べられるコース料理が昼も夜も特にお薦めです。

記者のひとこと

カニの炒め具合が絶妙。年中あるメニューなので、カニ好きの人にはぜひ教えたい。

店のひとこと

気取らずに入れるお店です。静かな雰囲気の中でゆっくり食べてもらえればと思っています。

【メモ】
店名:フレンチ厨房エトワール
住所:宮崎市島之内1660の6[地図]
電話:0985(39)3780
営業時間:午前11時半~午後3時(同2時ラストオーダー)、午後5時半~同10時(同9時ラストオーダー)
定休:火曜日(祝日の場合、翌日休み)
駐車場:7台HP:無し

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ