みやビズ

2018年7月16日(月)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

香ばしくてふっくら軟らか

2017/11/21

20171120-1admin_image_1511163551.jpg 宮崎市の国道10号沿いのJR日向住吉駅近くにある「酉(とり)」。鶏料理店として2015年6月にオープンしたが、鶏がらスープを使ったラーメンが自慢だ。「宮崎グルメとして定着させたい」と首藤優一店長(30)が薦めてくれたのが「鶏炭火チャーシューらーめん」(690円)だ。

「鶏炭火チャーシューラーメン」/酉(宮崎市)


「酉」の「鶏炭火チャーシューらーめん」

「酉」の「鶏炭火チャーシューらーめん」

 宮崎市の国道10号沿いのJR日向住吉駅近くにある「酉(とり)」。鶏料理店として2015年6月にオープンしたが、鶏がらスープを使ったラーメンが自慢だ。「宮崎グルメとして定着させたい」と首藤優一店長(30)が薦めてくれたのが「鶏炭火チャーシューらーめん」(690円)だ。

 鶏がらのみでじっくりとだしをとる清湯(チンタン)スープは濁りがなく、透明度が高い。あっさりしていて、後味はすっきり。県産小麦を使用した縮れ麺。

 朝締めした若鶏を炭火で炙(あぶ)った“鶏チャーシュー”は、胸とモモ肉を使用。香ばしく、ぱさつきがなく、ふっくらで4~5枚載る。

 ゆずごしょうや酢、自家製のいりこオイル、ニンニクじょうゆを好みで入れてもおいしい。お客からは「飽きずに毎日でも食べられる」「しばらくするとまた食べたくなる」などの反響があるという。首藤店長は「宮崎名物といえば鶏。生産者が丹精した鶏のおいしさをこのラーメンで味わってほしい」と話す。

「酉」の座敷。子ども用いすや絵本なども備えている

「酉」の座敷。子ども用いすや絵本なども備えている

 しょうゆだれの「白湯(ぱいたん)らーめん」(590円)や、辛みそやトウガラシ、トウバンジャンで作ったタレに野菜や鶏チャーシューが載った「四川らーめん」(550円)など、さまざまなスープのラーメンがあるので、好みの一杯に出合える。

 また、鶏がらスープだけをじっくりと味わいたいなら、具なしの「素ラーメン」(290円)もコスパの高さが評判だ。

 店内は子ども用のいすやバウンサー(ベビーチェア)、絵本が置いてあり、家族連れにも配慮している。6人がけの座敷5、4~5人用のテーブル5、カウンター12席。

記者のひとこと

 ラーメンはもちろん、チキン南蛮や唐揚げ、ギョーザなどの鶏メニューも人気があるので味わってほしい。

【メモ】
店名:酉(とり)
住所:宮崎県宮崎市島之内井手下7336の4 [地図]
電話:0985(82)8210
営業時間:午前11時~午後8時45分ラストオーダー
定休日:木曜
駐車場:20台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ