みやビズ

2017年9月20日(水)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

じっくり炊いた特製スープ

2017/08/01

 5月に開業したラーメン店「しば田製麺所」(新富町)。大阪で10年腕を磨いてきた店主の阿萬佳憲さんが「麺とスープ、どちらも他店とはひと味違うおいしさを目指す」と満を持してオープンさせた。

つけ麺/しば田製麺所(新富町)


「しば田製麺所」の「つけ麺」

「しば田製麺所」の「つけ麺」

 5月に開業したラーメン店「しば田製麺所」(新富町)。大阪で10年腕を磨いてきた店主の阿萬佳憲さんが「麺とスープ、どちらも他店とはひと味違うおいしさを目指す」と満を持してオープンさせた。看板メニューはさっぱりとしたスープが持ち味の「つけ麺」(750円)だ。

 豚骨のゲンコツと鶏がらを10時間以上じっくりと炊いただしに特製のしょうゆダレを調合したスープは、濃厚ながらすっきり。自家製麺は2.5ミリの太麺で、もっちりとしていてコシがあり、スープにもしっかりと絡む。小(150グラム)、並(230グラム)、大(300グラム)の3種類。いずれの量でも同じ料金というから気前がいい。

 麺の上には自家製のチャーシューや、レモン、メンマ、ノリ。チャーシューはしょうゆやみりんで長時間炊いているため、厚切りながら軟らかい。

「しば田製麺所」の店内

「しば田製麺所」の店内

 麺が残り半分になった頃合いでレモンをスープに搾ると、新たな味わいが楽しめる。程よい酸味がスープにもなじんで後を引くおいしさだ。残ったスープはそば湯感覚でカツオやサバ、煮干しの和風だしで割った「スープ割」にして最後までしっかりと味わえる。

 スタッフの山下麻貴さんは「レモンの酸味がさっぱりして箸が進みます。暑くなるこれからの時季にもぴったりなのでぜひ、ご賞味ください」と話す。

 新メニューとして3種類のスパイスにカレー粉を加えた「カレーつけ麺」も登場するとのことで今から楽しみだ。

 店内は4人がけ座敷2、4人がけテーブル2、カウンター4席の20人収容。

記者のひとこと

 「つけ麺のおいしさをもっと多くの人に知ってもらいたい」という思いを胸に、妥協せず仕事にまい進する阿萬さんの姿勢に元気をもらえた。

【メモ】
店名:しば田製麺所
住所:宮崎県児湯郡新富町富田南4の48 [地図]
電話:0983(33)2575
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~9時(麺、スープが無くなり次第終了)
定休日:不定休
駐車場:17台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ