みやビズ

2017年3月28日(火)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

みそチャーシューめん/勝武ラーメン(宮崎市清武町)

2017/01/24
コクがあって、すっきり 清武町商工会館前にある「勝武(しょうぶ)ラーメン」。店主の井野茂則さん(66)が提供するみそ、豚骨、しょうゆ、塩の4種類のラーメンはどれも評判が高く、ファンも多い。どれにしようか迷った末に「みそチャーシューメン」(750円)を注文した。

コクがあって、すっきり


「勝武ラーメン」の「みそチャーシューメン」

「勝武ラーメン」の「みそチャーシューメン」

 清武町商工会館前にある「勝武(しょうぶ)ラーメン」。店主の井野茂則さん(66)が提供するみそ、豚骨、しょうゆ、塩の4種類のラーメンはどれも評判が高く、ファンも多い。どれにしようか迷った末に「みそチャーシューメン」(750円)を注文した。

 中一本店(宮崎市)から仕入れたストレートの細麺を約130グラム使用。豚骨のゲンコツ部分と鶏がらを使ったスープに赤みそを加えて、味を調える。自家製のチャーシューやキクラゲ、モヤシ、ネギを載せて完成。チャーシューは軟らかく、とろけるようなおいしさ。スープの見た目は濃厚だが、味はすっきりしていて、まろやかだ。

 「一杯のラーメンが店の評価を決める。お客さんとの出会いは一期一会。清武町はラーメン店が多いので、感謝の気持ちを込めて提供しています」と井野さん。

「勝武ラーメン」の店内

「勝武ラーメン」の店内

 二人三脚で店を営んできた奥さんの光子さんが、3年前に他界した。直後は店を閉めることも考えたが「ふたりで築いてきたものを手放せない」と決心。光子さんの担当だったスープ作りも茂則さんが手掛けるようになった。光子さんと同じ味を出すのに3カ月要したが、常連客から「以前の味に戻ったね」と言われた時は、とてもうれしかったそうだ。

 混雑時は難しいが、お客への感謝の気持ちとしてサービスでコーヒーを出している。「コーヒーカップで提供していたら、その分のお代まで置いてくれたお客がいた。以来、湯飲みで出してるよ」と笑う。コーヒーだけ飲みに来る顔なじみもいるそうで、茂則さんの気さくな人柄がうかがえる。

 店内は6人がけの座敷が2、カウンター11席の23人収容。

記者のひとこと

 店内に入ると、水槽で元気に泳ぐ金魚が目に飛び込んでくる。「孫が祭りですくってきた」と茂則さん。お孫さんの話をする時は、より柔和な表情を見せた。

【メモ】
店名:勝武ラーメン
住所:宮崎県宮崎市清武町西新町8の3【地図】
電話:0985(85)6785
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:月曜
駐車場:4台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ