みやビズ

2017年8月19日(土)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

白湯鶏そば(ノーマル)/いじっぱり(宮崎市)

2016/12/13

鶏のうまみが凝縮された一杯


「いじっぱり」の「白湯鶏そば(ノーマル)」

「いじっぱり」の「白湯鶏そば(ノーマル)」

 宮崎では珍しい鶏そばが味わえる「いじっぱり」(宮崎市)。オーナーの横山洋さん(53)のお薦めは、客の約6割がオーダーする「白湯(ぱいたん)鶏そば ノーマル」(700円)。鶏のうま味が染み込んだ白濁スープは濃厚なのにまろやか。もっちりした太麺とのバランスが絶妙だ。

 南九州産の鶏がらを大量に使い、みやざき地頭鶏の鶏がらを加えて炊いている。スープは一度氷漬けにすることでうま味を凝縮させるという。「鶏がらと水だけで作った濃厚なスープです。手間暇かけた渾身(こんしん)の一杯をぜひご賞味ください」と横山さん。

 奈良県から仕入れた太麺を多めの150グラム使用。モチモチとしたコシのある食感で、濃厚なスープの味にしっかりと絡む。一緒に付いてくるレモンを搾ればさっぱり感が増し、味のバリエーションが広がる。

 横山さんお薦めの食べ方は、最初にスープと麺を味わい、半分程度食べたところでレモンを搾る。こってり感を増したいときは、好みで鶏肉チャーシューを漬け込んだしょう油ダレを加えるのもいい。レモンのビタミンCと、鶏のエキスを一緒に取ることでコラーゲンの吸収が高まるという。「ラーメンで肌がきれいになる手軽な美容法」と女性からも好評だ。

「いじっぱり」の店内。壁の一角には名刺がぎっしり貼られている

「いじっぱり」の店内。壁の一角には名刺がぎっしり貼られている

 ランチはプラス100円で温泉卵とライスが付く。先月からはピリ辛で肉みそたっぷりな「坦々鶏そば」(850円)の提供を昼限定で始めた。開業当初は宮崎で鶏そばの知名度が低いため苦戦したが、口コミで少しずつ客足が増加。おいしさにはまり、1日に昼と夜の2回来る客もいるらしい。

 店内はカウンターのみ12席。壁の一角には来店した客の名刺が飾られている。「おいしいと思ったら貼ってください」とお願いしたところ、「たくさんの名刺が集まった」と横山さんはうれしそう。

 日南市北郷町にあるラーメン店「やけっぱち」は姉妹店。

記者のひとこと

 コクがありつつもまろやかで優しい味わいの鶏そばは飲んだ後のシメにもぴったり。

【メモ】
店名:いじっぱり
住所:宮崎県宮崎市上野町8の14【地図】
電話:080(8383)0442
営業時間:午前11時~午後3時、午後9時~翌午前3時
定休日:月曜、日曜の夜
駐車場:なし

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ