みやビズ

2017年3月24日(金)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

こくとんこつ/おがた軒(宮崎市)

2016/11/01

濃厚なスープが持ち味


「おがた軒」の「こくとんこつ」

「おがた軒」の「こくとんこつ」

 宮崎市の一の宮交差点近くに構える、2008年12月創業のラーメン店「おがた軒」(宮崎市日ノ出町)。水野公介店長(26)が作る濃厚ながらも後味がすっきりとした豚骨スープが幅広い世代に支持されている。1日平均20〜30杯は出るという看板メニューの一つ「こくとんこつ」(580円)を紹介したい。

 しょうゆダレと3種類の豚骨を6〜7時間釜で炊いたスープはうま味がしっかりと凝縮されている。豚骨はしっかりと下ゆですることで特有の臭みを消している。

 麺は丸三製麺(日南市)から仕入れたものを130グラム使用。「こくとんこつ」はストレートの細麺で提供しているが、希望があれば中太麺でも対応する。注文時に硬さについてスタッフが尋ねてくれる。「バリ硬」「硬め」「普通」「軟め」など、6種類に対応していて、自分好みの麺を選べるのもうれしい。

 麺の上には自家製のチャーシュー2枚とキクラゲ、ネギが載る。自家製のチャーシューは2種類のしょうゆとニンニク、しょうがが染み込んだチャーシューダレで漬け込み、スープにも深みを与えている。とろけるほどに軟らかく、お客からの評判も上々だ。

「おがた軒」の店内。座敷とテーブル席、カウンター席を備えている

「おがた軒」の店内。座敷とテーブル席、カウンター席を備えている

 人とのコミュニケーションを大切にしている水野さん。「今日の味はどうでしたか」と、小まめに声をかける。本音で意見をぶつけてくれる常連客に感謝し、厳しい意見や要望にも真摯(しんし)に耳を傾けたいと考えている。「お客さまと一緒にこの店をつくっていきたい」と前向きで、「笑顔で帰ってもらうことを大切にしています。要望にも可能な限り柔軟に応えていきたい」と、話す。「おいしかった」「また、来るね」の一言がスタッフ全員の励みになっている。 

 テーブル席の中央に設けた「漬物コーナー」も好評で、お客の意見で「辛し高菜」「紅しょうが」「刻みたくあん」の3種類に増やした。

 中学・高校・大学・専門学校の学生や「子育て応援カード」を持参した人はすべてのラーメンが100円引きなど、お客の財布にも優しい取り組みを続けている。

 店内は4人がけテーブル3、6人がけの座敷4、カウンター10席の46人収容。

記者のひとこと

 7割のお客が頼むというおにぎりか白ごはん、半チャーハンに唐揚げ2個が付くセットメニューも見逃せない。ラーメンと一緒に注文してみては。


【メモ】
店名:おがた軒
住所:宮崎県宮崎市日ノ出町56の2【地図】
電話:0985(22)9555
営業時間:午前11時〜午後2時半
定休日:木曜(祝日の場合は営業、翌日定休)
駐車場:15台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ