みやビズ

2020年2月24日(月)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

辛うま牛骨しょうゆラーメン/うちん家(宮崎市)

2015/06/23
「うちん家」の「辛うま牛骨しょうゆラーメン」

牛骨のうまみがたっぷり



「うちん家」の「辛うま牛骨しょうゆラーメン」

「うちん家」の「辛うま牛骨しょうゆラーメン」

 谷口肇さん(42)、知英さん(32)夫婦が営む居酒屋「うちん家」の「辛うま牛骨しょうゆラーメン」(750円)は、創業以来提供している看板メニューの一つ。肇さんは「宮崎は豚骨ラーメンが主流で、牛骨のスープは珍しい。牛骨のうまみを生かしたかった」と話す。

 3日間かけて煮出した牛骨スープは、唐辛子の辛みが効いていて食欲をそそり、夏バテ防止にもぴったり。東京からわざわざ仕入れた麺は150グラムを使用。中太でこしがあり、モチモチしていて食べ応えがある。「スープが最高の出来栄えでも麺とのバランスが悪ければ、満足できるラーメンは完成しない。麺も自分たちが納得できるものを吟味しています」と知英さん。

 自家製チャーシューとキクラゲ、キャベツ、ゴマ、焦がしニンニクを載せて出来上がり。「麺、スープ、食材。妥協せず、おいしいと思うもの、独自の味を提供しています」と肇さんは自信を見せる。

 値段はそのままなのに、ランチタイムは半ライス、漬物、コーヒーか紅茶が付くので、とってもお得。「牛骨しょうゆラーメン」(700円)、「元祖牛麺」(800円)、「野菜うどん」(650円)などもある。7月下旬からの新メニュー「ユッケジャンラーメン」(850円)が今から待ち遠しい。

「気軽に来ていただけるような店づくりを心がけています」と話す谷口知英さん

「気軽に来ていただけるような店づくりを心がけています」と話す谷口知英さん

 肇さんは東京の和洋食店で腕を磨き、2013年7月に「うちん家」をオープンした。ラーメンはもちろん、刺し身や鍋物、鉄板焼きなどの一品料理も人気で、谷口さん夫婦とのコミュニケーションを楽しむ常連客で連日にぎわっている。

 夜はコース料理がお薦め。刺し身やピザ、豆腐チゲなどの付いた「女子会コース」は3000円から(2時間飲み放題付き)。焼酎やビール、ウイスキー、ワインなどアルコール類が充実しているのもうれしい。

 「何軒もはしごをしなくても、うちん家で料理を食べ、お酒を飲み、ラーメンで締める。そんな1カ所で済むような使い方も歓迎です」と知英さんはほほ笑む。

 店内は掘りごたつの座敷、テーブル席、カウンター席があり、約30人収容可能。

記者のひとこと

 屋号からも伝わるように居心地のよい雰囲気で食事を楽しめる。谷口さん夫婦との会話も料理をおいしくしてくれるスパイスだ。

【メモ】
店名:うちん家
住所:宮崎市中央通6の17 キクビル1階[地図]
電話:0985(75)0078
営業時間:午前11時45分~午後2時、午後6時~11時半(月-木曜)、午後6時~翌0時半(金、土曜)
定休日:日曜(日曜、月曜連休時は日曜営業)、年末年始
駐車場:なし

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ