みやビズ

2020年2月24日(月)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

家系ラーメン/家系ラーメンひろき家(宮崎市)

2013/10/31

しょうゆ豚骨スープのうまみが広がる


「家系ラーメンひろき家」の看板メニュー「家系ラーメン」

「家系ラーメンひろき家」の看板メニュー「家系ラーメン」

 横浜市発祥、豚骨醤油ベースで太ストレート麺が特徴の「家系ラーメン」が宮崎で味わえる「家系ラーメンひろき家」。このラーメンの味に感動した店主大垣浩樹さん(43)が2009年に店をオープンさせた。

 同店の看板メニュー「家系ラーメン」(600円)は、豚骨をベースに、仕上げにチー油(鶏油)を入れてコクと香りを高める。

 じっくりと炊き込み、継ぎ足しで作られるしょうゆ豚骨スープは凝縮されたうまみと程よいコクがある。チャーシューも自家製で、しっかりと味を付けた豚バラを使用。加江田渓谷(同市)にある鏡洲麺工房の麺を使っていて、基本太麺で提供しているが、好みに応じて中太ちぢれ麺、細麺にも対応しているので「気軽にオーダー時に伝えてほしい」(同店)。

 麺の硬さやスープの濃さ、油の分量などにも対応している。

 スープの上にはチャーシューとホウレンソウ、ノリが載る。

 スタッフは黒いTシャツのユニホームを着用していて、背中には「お客様は我が味の師なり」とプリントされている。創業以来、ゲストに味やサービスについて意見を聞いたり、現在もテーブル席にアンケート用紙を置いていて、質の向上に生かしている。「お客さまの意見を取り入れながら少しずつ現在の家系ラーメンが完成してきた。毎日が修業です」と話す大垣さん。尽きることないラーメンへの探求心が言葉からも垣間見える。1年に1回のペースで新メニューも考案していて、11月末には家系ラーメンの塩バージョン「塩ラーメン」(700円)も登場する。こちらはあっさりベースとのことで、今から楽しみだ。

 子ども用のイスをはじめ、お子様セットなども用意。子連れのゲストにも居心地よくラーメンを味わってほしいという配慮が伝わってくる。「幅広い世代にゆっくりと食べてもらえる環境を心がけています」

座敷でゆっくり食べられる。料理は券売機で購入するスタイル

座敷でゆっくり食べられる。料理は券売機で購入するスタイル

 トッピングは半熟煮卵やキャベツ、モヤシ、コーンなど約10種類から選べ100円、替え玉(麺、スープ、薬味付き)は150円、麺替は100円。中学生、高校生は大盛りか麺替をサービスしているのもうれしい。

 持ち帰りもでき、贈答用も受け付けている。

 チャーハンやあぶりチャーシュー丼など4種類から選べる丼もの(300円)も好評でラーメンと一緒に注文するゲストも多い。

 店内は4座敷、カウンター6席、4テーブルの計48席。

店のおすすめ

キャベツの上にニンニクタレをかけた「キャベツ入り家系ラーメン」(700円)です。

記者のひとこと

「ラーメンは奥深く、試行錯誤を重ねながらもよりよい味を提供したいという気持ちが勝り、純粋にラーメン作りにのめりこんでいる」と目を輝かせて離す大垣さんの言葉が印象的だった。

店のひとこと

創業して来年で5年目を迎えます。これからもお客さまの声を大切にしながらスタッフ一同頑張っていきます。

【メモ】
店名:家系らーめんひろき家
住所:宮崎市小松2907の5[地図]
電話:0985(48)0002
営業時間:午前11時~午後3時(木曜、金曜は午後5時半~同8時も営業)、土日は午前11時~午後8時
定休:なし
駐車場:15台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ