みやビズ

2017年10月21日(土)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

素朴な味わいの田舎そば

2017/10/03

 木城町石河内の「郷の駅石河内・鹿遊(かなすみ)茶屋」。新富町産のそば粉で作る自家製の田舎そばはやや太めで、素朴な味わいだ。1998年4月の創業以来幅広い世代に支持されている。

鹿遊定食/郷の駅「石河内」 鹿遊茶屋


手打ちそばと季節の野菜をふんだんに使った天ぷらが味わえる「鹿遊定食」

手打ちそばと季節の野菜をふんだんに使った天ぷらが味わえる「鹿遊定食」

 木城町石河内の「郷の駅石河内・鹿遊(かなすみ)茶屋」。新富町産のそば粉で作る自家製の田舎そばはやや太めで、素朴な味わいだ。1998年4月の創業以来幅広い世代に支持されている。

 練り上げたそば粉を伸ばして専用の包丁で均等に切った「二八そば」は風味が豊かで滑らかな喉ごしながら、しっかりとコシがある。

 かつお節と昆布、いりこでだしを取ったつゆは濃いめ。西和浩代表(55)は「お客さまからは懐かしい味だと言われます。心を込めて作った田舎そばをぜひ味わってください」と話す。

 定番メニューの「鹿遊定食」(980円)は、ワラビや干しタケノコなどが入ったそばに、にしめ、野菜の天ぷら、小鉢が2品付く。天ぷらはサツマイモやナス、ピーマンなど季節の食材が使われており、揚げ方はカリッとした仕上がり。

郷の駅石河内・鹿遊茶屋の店内

郷の駅石河内・鹿遊茶屋の店内

 そば体験も2000円(1セット4人分、要予約)でできる。自分で手打ちしたそばはざるそばか山菜そばとして打ちたてを味わえる。

 店内は石河内加工部の女性グループが作った梅干しやようかんなどを販売している。年越しそばも販売する。昨年は800食を売り上げるほどの人気ぶり。4人がけの座敷とテーブル席で、約40人収容。

記者のひとこと

 今回、特別に鹿遊茶屋の立ち上げからそば打ちの指導に当たっている江藤睦美さん(85)にそば打ちを習った。ふぞろいながら自分で打ったそばは格別だった。

【メモ】
店名:郷の駅「石河内」 鹿遊茶屋(かなすみ)茶屋
住所:宮崎県児湯郡木城町石河内414の3 [地図]
電話:0983(39)1080
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場:18台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ