みやビズ

2019年7月17日(水)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

森の麻布お昼そばコース/森の麻布(宮崎市)

2015/11/17

季節そばが味わえる店


「森の麻布」の「森の麻布お昼そばコース」

「森の麻布」の「森の麻布お昼そばコース」

 阿波岐原森林公園の南側にあるそば処「森の麻布」(宮崎市)。2011年7月創業、繊細な料理や、店内のおしゃれな雰囲気が全体の8割を占める女性客の心をつかんでいる。

お得な特典クーポンは記事の最後に


 今回、オーナーの中村清美さん(47)にお薦めしてもらったのが、1日15食限定で提供している「森の麻布お昼そばコース」(月~金1800円、土、日、祝日2000円)。このコースでは、来年2月までユズをそば粉に練りこんだ「柚子そば」を味わってもらう。3~5月は「桜そば」、6~9月は「青じそそば」と、そばで四季を感じられるようにしている。

 そばは長野県の製麺所から仕入れていて、80グラムを使用。まず、そばをつゆにつけずに一口すする。ユズのほのかな香りが立ち、爽やかな酸味も広がる。希望すれば温そばでも提供してくれる。

 前菜は旬の料理が約10品と豪華。1月は「ウナギのしんじょう」や「チーズ豆腐のトマト射込み」「鶏ごぼう」などが並んだ。「気付けばどんどん品数が増えていました」と、中村さんはほほ笑む。

 すべての料理が芸術品のようで、食べるのが惜しいほどだ。荒木一巳料理長(62)とスタッフが彩りにこだわった品々を写真に撮るお客さんの姿も見かけられた。

「森の麻布」の店内。目の前には松林が広がり、カフェのような雰囲気で料理が楽しめる

「森の麻布」の店内。目の前には松林が広がり、カフェのような雰囲気で料理が楽しめる

 「味や彩りから四季を感じてもらえればうれしいです。お客さまに喜んでもらえることがやりがいにつながっています」と中村さん。

 コースにはほかに、吸い物や甘味、ドリンクが付く。甘味はぜんざいや抹茶のムース、ソフトクリームなど5種類から選べて、スイーツ好きにも評判がいい。

 「特大海老天そば」や「穴子天そば」(各1500円)のコースもある。

 店内はボサノバやジャズが流れ、落ち着ける空間となっている。中村さんが吟味した和食器の販売もしている。

 テラス席でも食事ができ、松林の雰囲気の中でいただく料理もまたおいしい。庭には遊具があり子ども連れの母親らにも好評だ。

 掘りごたつ4座敷、6テーブル、6カウンターで34席収容。

記者のひとこと

 そば屋というと和の雰囲気を思い浮かべるが、このお店はカフェのような感覚で、女性1人でも気軽に立ち寄れる。

【メモ】
店名:森の麻布
住所:宮崎県宮崎市新別府町前浜1401の254【地図】
電話:0985(34)9495
営業時間:午前11時~午後3時、夜は予約のみ
定休日:不定休
駐車場:20台


※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ