みやビズ

2018年8月15日(水)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

坦々麺/金福来(宮崎市)

2014/02/20

肉そぼろに自信あり


「金福来」の看板メニュー「坦々麺」。肉そぼろとスープのバランスが絶妙な味わい

「金福来」の看板メニュー「坦々麺」。肉そぼろとスープのバランスが絶妙な味わい

 宮崎市池内町にある中国料理「金福来」の「坦々麺」(700円)。2004年5月の創業以来提供している看板メニューで、一度味わうと癖になるおいしさと、老若男女問わずファンが多い。

 オーナーで調理師の後藤会林(かいりん)さん(42)が作る坦々麺はトウバンジャンと中国の調味料として定番のテンメンジャン、オイスターソース、おろしニンニク、しょうゆなどがスープのベースになっている。それに鶏がらスープや鶏の粉、塩などを調整してコトコトとじっくり煮込んでいく。程よい辛さがありつつもマイルドな味わいで女性にも人気が高い。辛さを好む人にはスープにトウガラシと自家製のラー油をプラスしてピリ辛にも対応しているので「オーダー時に気軽に伝えてほしい」(同店)。

 坦々麺が運ばれてくると、白ごまの風味がふわっと広がる。スープも絶品だが、後藤さんが特に自信を持っているのがテンメンジャンと豚みそをブレンドした「肉そぼろ」。スープとの相性がぴったりで、スープの上にはシャキシャキとしたチンゲンサイとモヤシが載る。麺は市内のラーメン屋から取り寄せていて、生麺のストレートで約80グラム。程よい歯ごたえがあり、のびにくく、崩れにくいと麺にもこだわりを見せる。

 「皆さん、スープまで完食してくれます。調味料やタレなどもしゃくしで測っていつ作っても味が変わらないように心掛けています。創業から少しずつスープの改良を重ねていて、質が落ちることがないように意識しています」と、後藤さん。

「金福来」の店内。個室や座敷もあり、ゆっくりと食事が楽しめる

「金福来」の店内。個室や座敷もあり、ゆっくりと食事が楽しめる

 ランチは坦々麺(ライス付き)が600円(土・日曜、祝日は650円)になりお得。

 食材は鮮度にも配慮し、ほぼ宮崎産を使用、子どもが食べても安心安全な料理を提供する。

 豚ミンチやキャベツ、白菜など具がいっぱい入って食べ応えありの「焼きぎょうざ」(6個300円)を一緒にオーダーするゲストも多い。

 麺10種類以外に定食や一品料理なども充実。「安価でボリュームのある料理を提供していきたい」と、後藤さんは笑顔を見せる。

 コース料理は2800円~(2人から)、食べ飲み放題のプランなどもあるので、夜の利用もお勧め。

 座敷4テーブル、1個室、4テーブル、カウンター5席。

店のおすすめ

数種類の料理から選べてボリュームたっぷりな「お昼ランチA」(平日500円、土・日曜、祝日は550円)が人気です。

記者のひとこと

店内に入ると後藤さんが「いらっしゃいませー」の元気なあいさつと笑顔で迎えてくれた。昼、夜ともにリーズナブルでお得なプランがあるのもうれしい。小さなお子さん連れでも入りやすい雰囲気も魅力だ。

店のひとこと

本場の中国料理の味を、日本人の口に合うようにアレンジしてお届けしています。お客さまに「また来たい」と思っていただけるようなお店づくりを心掛けています。

【メモ】
店名:金福来
住所:宮崎市池内町前吾田1099の3[地図]
電話:0985(39)6688
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時半~9時半
定休:月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場:13台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ