みやビズ

2017年11月19日(日)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

平兵衛酢で涼を演出

2017/08/22

 今年で創業10周年を迎えるうどん店「一の茶屋」(都農町)。夏季限定で提供している人気メニューが「へべすうどん」(650円)だ。日向地域特産のかんきつ類・平兵衛酢(へべす)の程よい酸味が効いていて、食欲がないときでもするするっと口に入る。

へべすうどん/一の茶屋(都農町)


「一の茶屋」の「へべすうどん」

「一の茶屋」の「へべすうどん」

 今年で創業10周年を迎えるうどん店「一の茶屋」(都農町)。夏季限定で提供している人気メニューが「へべすうどん」(650円)だ。日向地域特産のかんきつ類・平兵衛酢(へべす)の程よい酸味が効いていて、食欲がないときでもするするっと口に入る。

 つゆは香川県産かつお節と、昆布、いりこでだしを取り、やや甘めに仕上げている。麺は独自にブレンドした小麦粉を使った自家製。もっちりしていて、量は250グラムと多めだ。平兵衛酢は日向市の契約農家・黒木浩史さんから仕入れており、スライスとシャリシャリした食感のシャーベットが載る。

 麺とつゆの両方が冷たい「冷々(ひやひや)」、麺は冷たくてつゆは熱い「冷熱(ひやあつ)」、麺もつゆも熱い「熱々(あつあつ)」の3種類で提供している。

「一の茶屋」の店内。テーブル席と座敷を備える

「一の茶屋」の店内。テーブル席と座敷を備える

 「暑くて食欲がない」というお客さんのために、5年前から裏メニューとして提供。最初は搾った果汁をつゆに加えるだけだったが、その後見た目も涼しげな現在のスタイルになった。

 「黒木さんが丹精した平兵衛酢のおいしさを味わってほしい」と店主の永友洋一さん。席に着くと出るお冷やも平兵衛酢水と徹底している。

 うどんは全部で10種類ほどあり、有田牧畜産業(西都市)のEMO牛を使った「肉うどん」(700円)や、高岡町産ごぼうを使った「ごぼう天うどん」(580円)も人気がある。

 店内は4人掛けテーブル3、4人掛け座敷3の24人収容。

記者のひとこと

 記者は「冷々」を注文したが、後味すっきりでつゆまで完食。夏の暑さを忘れさせてくれる一杯だ。

【メモ】
店名:一の茶屋
住所:宮崎県児湯郡都農町川北16995の3 [地図]
電話:0983(25)2486
営業時間:午前10時半~午後3時、午後5~8時
定休日:木曜
駐車場:8台

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ