みやビズ

2017年4月29日(土)
みやざき麺客万来
カテゴリーを選択してください

スペシャル海鮮丼セット/小丸新茶屋 高鍋本店(高鍋町)

2017/02/21
 国道10号沿い、高鍋高校近くにある大きな赤ちょうちんが目印のうどん・すし処「小丸新茶屋 高鍋本店」(高鍋町北高鍋)。うどんメニューだけでも20種類程度そろっていて選ぶ楽しみもあり。今回は同店のお勧め「スペシャル海鮮丼セット」(1180円)を紹介したい。

もっちり食感の自家製麺


「小丸新茶屋 高鍋本店」のスペシャル海鮮丼セット

「小丸新茶屋 高鍋本店」のスペシャル海鮮丼セット

 国道10号沿い、高鍋高校近くにある大きな赤ちょうちんが目印のうどん・すし処「小丸新茶屋 高鍋本店」(高鍋町北高鍋)。うどんメニューだけでも20種類程度そろっていて選ぶ楽しみもあり。今回は同店のお勧め「スペシャル海鮮丼セット」(1180円)を紹介したい。

 他店と比較すると若干硬めに仕上げた自家製麺。釜ゆでをする時は軟水でうどんが踊るように高温で一気にゆであげることで弾力が増し、モチモチとした食感を作りだす。希望があれば軟らかい麺でも対応する。麺は320グラムと多めだが、さらに100グラム多い大盛りもサービス中だ。

 つゆは北海道産の羅臼昆布、広島産や四国エリアのいりこ、南九州産のかつお節でだしを取っている。セットメニューの場合はうどんに付く料理との相性を考えてつゆのしょうゆを変えている。海鮮丼とのセットの時は濃口しょうゆを使った関東風の味わいに。ちなみに「マグロ丼セット」の場合は薄口しょうゆで関西風に仕上げる。

 川崎清店長(54)は「うどんと丼、両方をおいしく味わってもらうためのこだわりです」話す。

「小丸新茶屋 高鍋本店」の店内

「小丸新茶屋 高鍋本店」の店内

 海鮮丼は北海道産のサーモンをはじめ、イクラ、ウニ、マグロ、タコ、カンパチ、エビと7種類が載り、何ともぜいたく。しょうゆベースの特製タレをかけて味わう。魚も肉厚で、食べ応えがあり。小鉢と温泉卵が付く。川崎店長いわく「このメニューは正直、あまりもうけがない」そうだが、常連客のオーダー率が高く、定着したため継続している。

 揚げたてのエビの天ぷら3尾が載った「まるごとえび天3尾うどん」(680円)など単品も充実している。

 1976(昭和51)年創業。うどんやすし、定食、丼、カレーなど気付けば全体のメニュー数は200種類以上あり、新メニューも1年に2回考案しているという。

 テーブルにはアンケート用紙を置いていて、お客の意見を取りまとめている。要望にも真摯(しんし)に耳を傾け、接客やサービスの向上につなげている。

 店内は1階がテーブル席(50人以上収容)、2階は板の間の座敷(60人収容)になっている。

 同店以外に宮崎北店(宮崎市佐土原町)も営業中。

記者のひとこと

 同店のうどんは、モチモチした麺と風味豊かなつゆの調和が持ち味。丼ものの種類によってだしに使うしょうゆを変えるなどのこだわりに関心した。セットのボリュームは圧巻。

【メモ】
店名:小丸新茶屋 高鍋本店
住所:宮崎県児湯郡高鍋町北高鍋4622の7【地図】
電話:0983(22)3455
営業時間:午前10時半~午後10時
定休:なし
駐車場:60台程度

※紹介しているメニューや価格、住所などの情報は掲載時のものです。

アクセスランキング

ピックアップ