みやビズ

2017年8月22日(火)
  • ホーム
  • マッチング
  • 大学の研究生かし新薬開発へ ひむかAMファーマ(宮崎市清武町)
マッチング

大学の研究生かし新薬開発へ ひむかAMファーマ(宮崎市清武町)

2017/04/12

炎症性腸疾患の治療に光を


 本県の研究者が発見し、医薬品への実用化に向けて臨床研究が進んでいるペプチド(アミノ酸化合物)「アドレノメデュリン(AM)」。臨床研究をベースにAMを改良し、より使いやすい医薬品の研究に取り組んでいるのが「ひむかAMファーマ」(宮崎市清武町、新城裕司社長)だ。今年2月、宮崎大学内に設立された。根治が難しい炎症性腸疾患患者の症状改善に寄与する医薬品の開発・製造を目指している。

既存薬超える効果と使いやすさを追求


改良型アドレノメデュリンを活用した医薬品開発に取り組むひむかAMファーマの新城裕司社長

改良型アドレノメデュリンを活用した医薬品開発に取り組むひむかAMファーマの新城裕司社長

 血管を拡張させる働きを持つAMは1993年、宮崎医科大(現宮崎大学医学部)の北村和雄教授が発見した。その後の北村教授らの研究で、粘膜などの組織再生や抗炎症作用があることも判明。動物実験を経て、2009年から人体の臨床実験に入った。

アクセスランキング

ピックアップ