みやビズ

2019年9月20日(金)
みやにち首都圏マガジン

来て味店 岩戸(日本料理・神田)

2013/01/28

素材を生かし低料金


新鮮なイワシの薄造り(手前左、600円)、ふわっとした口当たりの飫肥天(550円)、冬の定番のフグ刺し(奥、2800円)。

新鮮なイワシの薄造り(手前左、600円)、ふわっとした口当たりの飫肥天(550円)、冬の定番のフグ刺し(奥、2800円)。


 JR神田駅から徒歩2分で、日本橋からも近い交通利便性の良さ。低料金で味にも見栄えにも工夫した日本料理をランチを含めて提供する。

 経営するのは宮崎市大淀出身の森茂典さん(68)。18歳で上京後、板前修業を経て27歳で独立し、浅草に店を構えた。店名は「聞いただけで宮崎に縁があると分かるように」と命名。現在は神田店と銀座店の2店舗を営む。

 定番料理の冷や汁や飫肥天(さつま揚げ)は亡き母から受け継いだおふくろの味。NHKでも取り上げられた。

店内は座敷とテーブル、カウンターで計50席ある

店内は座敷とテーブル、カウンターで計50席ある

 看板メニューはイワシの薄造り。1人前600円で十分な量があり、新鮮でうまい。31歳で銀座に進出した際、単価が安くて喜ばれる料理を、と考案した。ゴマしょうゆ仕立てのマグロ重、吸い物のような揚げ出し豆腐、シロウオせんべいなども人気。「どこにでもある素材に工夫を加えており、良心的と言われるとうれしい」と話す。

東京都千代田区鍛冶町1の6の17 TEL03(3254)9869
営業時間=平日午前11時半~午後1時半、午後5~11時。土・日曜日、祝日定休。

アクセスランキング

ピックアップ