みやビズ

2019年6月20日(木)
LIFEナビ

航空自衛隊 新田原基地見学ツアー

2015/07/06
「間近で見る戦闘機は迫力があります」と話す、広報係の髙野亜由美さん

戦闘機を間近で見るチャンス


「間近で見る戦闘機は迫力があります」と話す、広報係の髙野亜由美さん

「間近で見る戦闘機は迫力があります」と話す、広報係の髙野亜由美さん

 社会科見学リポート第2弾。今回は新富町の航空自衛隊新田原基地の見学ツアーに参加してきました。誰でも参加できるとあって幅広い世代に人気です。広報係の髙野亜由美さん(34)による案内のもと、基地見学の様子をお伝えします。

 受け付けを済ませて午前10時。基地内にある「航空参考館」へと向かいます。資料館になっていて、入り口には戦闘機「F-104J」が展示してあり、実際に操縦席に座ることができます。見学者はヘルメットをかぶって記念撮影するなど隊員気分を満喫しているようでした。ビデオを通して、航空自衛隊に関する知識を学びます。

 「航空機展示地区」に展示してある航空機の前で見学者と一緒に記念撮影を行った後バスに乗り込み、管制塔下の展望室へと向かいます。

「航空参考館」内にある戦闘機「F-104J」

「航空参考館」内にある戦闘機「F-104J」

 戦闘機の離発着やフライト前の点検、整備を行っている様子を見学しました。戦闘機「T-4ブルーインパルス」の飛行機が発進する様子を目の前で見ることができ、ごう音とともに上空を飛ぶ戦闘機を見られるのは航空ファンならずともワクワクします。

 その後は再びバスに乗り込み、飛行機や車両の整備場や飛行機内部のひび割れがないかどうかを確認するレントゲン検査室など、基地内を案内してもらいます。

 希望者は基地内の食堂で昼食を取れるのも楽しみです。管理栄養士が栄養を考えて、毎日バランスの良い食事を作っています。ちなみにこの日は夏野菜カレー。スパイシーで、野菜もたっぷり。見学者が食堂を利用することで、隊員とのコミュニケーションにもつながっているようです。売店もあり、ピンバッチなどここでしか購入できない商品やお菓子なども販売しています。

 「戦闘機を間近で見られるのが魅力です。見学を通して航空自衛隊の活動を理解してもらい、関心を深めていただきたいです」と、髙野さんは話してくれました。

 見学の申し込みは原則3人から受け付け。1カ月前までの予約が必要です。詳しい問い合わせは、新田原基地(電話)0983(35)1121

アクセスランキング

ピックアップ