みやビズ

2020年2月24日(月)
キーパーソン

ケーズ・プランニング代表 山下啓一郎さん

2013/04/01

「社長」への夢実現

 20代から紆余(うよ)曲折の人生を送ってきた。小学生の頃から「社長になりたい」と考え、28歳でその夢を実現。独立から数年は苦しい時代を過ごしたが、不動産売買の仲介という主力事業のほか、コンサルティング事業にも力を入れ、経営を軌道に乗せる。全国で新たなビジネスモデルとして注目される「店舗そのままオークション」の県内唯一の代理店になるなど、今年に入りさらに活動の幅を広げている。

27歳で独立した山下代表。不動産事業を軸に、幅広い事業を展開する

27歳で独立した山下代表。不動産事業を軸に、幅広い事業を展開する

 小学生で「社長」を志したのは、父親や親戚に経営者が多かったからだ。もちろん漠然とした夢だが、中学に進学してからも、「漠然とした思いは消えなかった」という。

 しかし、高校生になると、思いは一時途絶えてしまう。もともと明確な目標とは言えなかったことだけが理由ではなく、「音楽と出会った」のがきっかけ。小学時代、音楽の成績はずっと「2」だったが、中学3年生で音楽の教師から「人前で歌う楽しさ」を教わった。日大高校に進学すると、本格的に声楽を学び、コンクールにも出場。「歌をなりわいに」とも考えたが、「一つ年上の米良美一さんの歌声を聞いてレベルの違いを感じ、とうてい無理とあきらめた」

 「社長」への夢が再燃したのは、20代半ばである。そこまでの経緯はめまぐるしく、まずは、高校を卒業して宮崎情報ビジネス専門学校に進学。「トレンディードラマの影響」から旅行業に憧れ、専門学校で国内旅行取扱主任者の資格を取得し、旅行代理店に勤めた。が、入社後約2年で「社内事情」を理由に退社。その後は、季節工、自動車教習の見習い教官、「ボーイズバー」店長、不動産会社と、2~3年で職を転々とした。

 不動産会社には2社勤務し、それぞれ賃貸と売買を経験。1社目での賃貸事業ではめきめきと頭角を現して短期間で主任、係長まで昇進し、2社目でも大型の案件を成立させるなど辣腕(らつわん)をふるった。その蓄積したノウハウ、経験を土台に、27歳で不動産業を営む個人事業として独立。小学生からの夢を、ようやく実現させた。

「地域経済の発展に役立ちたい」と語る山下代表

「地域経済の発展に役立ちたい」と語る山下代表

 が、「現実は甘くなかった」。サラリーマンとしてのノウハウは積み重ねたが、資金調達や財務面、対外的な付き合いなど、「社長業を知らなかった」と振り返る。経営は3年、軌道に乗らず、消費者金融からの借金も雪だるま式に増えていった。「廃業しようか」という矢先、宮崎市内の不動産会社の社長から救いの手を差し伸べられた。

 「簡単にやめられるくらいの気持ちで興した会社なのか」-。その言葉に打たれ、会社は存続しながら、その社長の下で従業員として働く日々がスタート。3年の約束だったが、働きぶりと実力を認められ、1年半後には従業員ではなく「ビジネスパートナー」として仕事にあたり、1000万円を超えた借金も完済した。「その時の恩は一生忘れない」と胸に刻む。

 現在は不動産売買の事業を柱に、起業を目指す経営者の支援やコンサルティングにも力を入れる。3月には総合的な開業支援サイト「店舗そのままオークション」を運営するM&Aオークション(東京)と代理店契約を締結。備品や内装が残ったまま空き店舗となっている「居抜き物件」の仲介を軸に、開業支援まで手掛ける事業だ。廃業を決めた事業者、出店を目指す経営者双方にメリットのある取り組みで、「宮崎でも潜在ニーズは高い」と見る。

 今後も、不動産事業を核に幅広い事業展開を視野に入れる。「会社を大きくしようとは思っていない。これまでのノウハウや経験を武器に、地域経済の発展に少しでも貢献していくことが、会社の目指す方向性だ」と力を込める。

ここが聞きたい

 ―不動産仲介に収まらない事業を展開している。

 核となる事業はもちろん不動産事業で、そこに関連する事業を展開している。その一つとして会社整理にも携わったこともある。

 ―今後も経営支援に力を入れていくのか。

 事業をやりたい若い人たちを支援していきたい。自身、失敗したこともあるので、その経験を生かしていく。

わたしのオススメ

 22歳の頃に始めたゴルフをずっと続けている。友達にレッスンプロがいたのが始めるきっかけで、実際にやるまでは「どこが面白いのか」と思っていた。最近は2カ月に1回くらいコースに足を運ぶが、ピーク時は月に3、4回は行っていた。一緒にプレーするのは同級生や友達ばかり。ゴルフは仕事としてではなく、楽しみながらやるのが一番。(談)

プロフィル

 やました・けいいちろう 宮崎市出身。日大高校を卒業後、宮崎情報ビジネス専門学校に進学。1992年、宮崎市内の旅行会社に就職。その後、飲食店や季節工、不動産会社などを転々とする。27歳で個人事業で独立。2000年、ケーズ・プランニング設立。1972(昭和47)年7月生まれの40歳。

アクセスランキング

ピックアップ