みやビズ

2018年7月16日(月)
キーパーソン

カウテレビジョン(福岡市)社長 髙橋康徳さん

2017/12/11
 企業専門のインターネットテレビ局「カウテレビジョン」(福岡市)を2005年に開局した。正確で客観的な取材を基に、中小企業の採用や商品プロモーションを支援するドキュメンタリー番組を制作。

映像で企業の採用や情報発信を支援


「社員の能力をいかに引き出すかが、ベンチャー企業成長の鍵」と話す髙橋社長

「社員の能力をいかに引き出すかが、ベンチャー企業成長の鍵」と話す髙橋社長

 企業専門のインターネットテレビ局「カウテレビジョン」(福岡市)を2005年に開局した。正確で客観的な取材を基に、中小企業の採用や商品プロモーションを支援するドキュメンタリー番組を制作。その映像コンテンツを活用して、福岡の企業と学生をつなぐプロジェクトにも尽力する。映像制作業界で初めてストック収入を狙った「著作権レンタル」のビジネスモデルを生み出すなど、フロンティア精神で業界の未来を切り開いている。

 延岡市に生まれ育った。広島大では得意な化学を専攻したが、ワーキングホリデー先のオーストラリアで出会った現地の放送作家に影響を受け、福岡の民放テレビ局に就職。報道記者として数々の事件や事故、自然災害、選挙などを取材し、「カウテレビジョンの仕事で生きている聞く力、メモする力、まとめる力、伝える力のほぼ全てをこの時代に培った」と振り返る。

 人生の転機は、2001年9月11日に米国で発生した同時多発テロ事件。系列キー局の記者としてニューヨークへ派遣され、被災者救済センターを取材した。このとき出会った女性の「たった一日で私の人生は全く別のものに変わってしまった」という言葉を聞き、自分自身の未来を真剣に考え始めたという。

 事件や事故を扱う、いわゆる硬派なニュースはやりがいがあった。しかし、心から誇りに思えたのは高い志で奮闘する人物に密着したドキュメンタリーの取材。報道記者を続けるべきか、米国派遣から2年以上迷ったが、04年に独立。損得を超えた“魂の決断”だった。

 放送作家や外注ディレクターとして活動した1年目は、営業力という課題の克服に苦労した。しかし、インターネットで映像配信の事業を進めていた福岡のベンチャー企業と出合い、道が開けた。報道記者としての経験とスキルを生かしながら「やりたいこと」「ライバルに勝てること」「ニーズがあること」の全てを実現できる、インターネットでの映像配信という新分野に可能性を感じた。

社会の課題解決へ、社員との情報共有に力を入れる。髙橋社長は「社員一人一人が関わる会社にしたいとの思いが非常に強い」と話す

社会の課題解決へ、社員との情報共有に力を入れる。髙橋社長は「社員一人一人が関わる会社にしたいとの思いが非常に強い」と話す

 05年2月、カウテレビジョンを開局して最初に手掛けたのが、優良企業のリーダーに経営のこつを聞くシリーズ番組「社長室101」。自らの経営の参考にしたいと思い始めたが、取材を受けたトップリーダーにとっては自分の人生が一つの物語として番組になり、視聴者にとっては先人の言葉にいつでも触れられるという三方良しが成立。11月の時点で取材先は415社に上る。

 そのうちの一人、ピエトロ創業者の村田邦彦さん(故人)から「インタビュー番組を会社のホームページに掲載したい」と打診されたことをきっかけに、著作物である映像を決まった月額で企業にレンタルするというビジネスモデル「マイカンパニーTV」を考案。今では著作権レンタル先は80社以上となり、顧客の囲い込みと長期的に収入をあげていく「ストック収入」につながっている。

 ドキュメンタリー番組の制作は、3年前から中小企業の採用支援を中心にしている。11月からは新プロジェクトとして、福岡で働きたい学生が、福岡の企業を動画検索できるサイト「福岡はたらくTV」を立ち上げた。働く現場や企業の考え方を動画で分かりやすく伝え、合わせてインターンシップを実施する。学生が就職後に「こんなはずじゃなかった」と離職するのを減らす目的があり、全国的に同様のプロジェクトを広めることも模索している。

 在福宮崎県人会会長の小山田浩定さん(総合メディカル相談役、都城市出身)を経営の師の一人として仰ぎ、「経営者の仕事は社員と一体感をつくることに尽きる」という助言を胸に刻む。これまでと同じく人との出会いを大切にしながら「企業専門インターネットテレビ局として、この業界で日本一になるという初志を貫きたい」と意欲に満ちている。
(福岡支社・鬼束功一)

プロフィル

 たかはし・やすのり 延岡高-広島大理学部卒。まだ日本に動画配信サイトがない頃のカウテレビジョン開局で、2005年に福岡市ビジネスプランコンテスト大賞を受賞。10年には九州ニュービジネス協議会(福岡市)の「九州アントレプレナー(起業家)大賞」を受賞した。1972(昭和47)年5月生まれの45歳。

アクセスランキング

ピックアップ