みやビズ

2017年6月25日(日)
キーパーソン

地域の課題、ビジネスで解決

2017/04/10
 環境保護や子育て支援、福祉、まちづくりなど社会的課題をビジネスの手法を使って解決するソーシャルビジネス。その担い手となる企業やNPO法人、住民などの育成や支援に携わってきた。地方創生が関心を集める近年は人口減少に悩む自治体からの依頼を受け、起業や雇用の創出などを通じた地域活性化に力を注ぐ。

SINKa(社会起業家創出支援ネットワーク九州・アジア、福岡市)代表理事 濱砂清さん


 環境保護や子育て支援、福祉、まちづくりなど社会的課題をビジネスの手法を使って解決するソーシャルビジネス。その担い手となる企業やNPO法人、住民などの育成や支援に携わってきた。地方創生が関心を集める近年は人口減少に悩む自治体からの依頼を受け、起業や雇用の創出などを通じた地域活性化に力を注ぐ。

「農業と健康をキーワードに何かできないか考えている」と古里への思いを語るSINKaの濱砂清代表理事

「農業と健康をキーワードに何かできないか考えている」と古里への思いを語るSINKaの濱砂清代表理事

 川南町出身。日向工業高で建築を学び、熊本の建築専門学校に進学。1981(昭和56)年、20歳で福岡市の設計事務所に就職した。住宅や学校、病院、商業施設などさまざまな建築物の設計に携わった。「いろんな人の要望を聞いて、ゼロから造っていく面白さがあった」。休日に県内外の有名建築家の建物を見学するなど勉強を重ねるうち、「単体の建築物ではなく、規模の大きいまちづくりや開発をやってみたい」との思いが芽生え、27歳で福岡市内に設計事務所を設立した。


アクセスランキング

ピックアップ