みやビズ

2017年9月24日(日)
キーパーソン

大山食品社長 大山憲一郎さん

2011/11/21

伝統守り、新たな技術を追求

昔ながらの甕(かめ)仕込みで黒酢を造る大山食品。敷地内には約300個のかめが並ぶ

昔ながらの甕(かめ)仕込みで黒酢を造る大山食品。敷地内には約300個のかめが並ぶ

 1930(昭和5)年創業の老舗「大山食品」の4代目として社長に就任したのが2006年。昔ながらの甕(かめ)仕込みという伝統的な製法で黒酢を造りながら、焼酎かすから食酢を醸造するなど、新たな技術を追究する。その姿勢は生粋の経営者だが、「まだ見ぬ場所へ行きたい、住みたい、働きたい。とにかく外へのあこがれが強かった」と明かす。

アクセスランキング

ピックアップ